宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

ブログの更新を再開します
夏休みの自由研究
合唱コンクールの伴奏
ヤマハピアノ演奏グレード10級Bコース
ご家族のサポート

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

ブログの更新を再開します

約1カ月ほど、ブログの編集ページが動かず、更新をお休みしておりました。
10日に1回のペースで5年以上続けていたので、残念な気持ちになりましたが、
今日こうして再び投稿することが出来てひと安心しています。

今回は、書きたかった内容を少しずつご紹介致します。

前回の更新は8月17日でしたので、8月末には
生徒さんから頂いた残暑見舞いハガキについて書こうとしていました。
ひとりひとり違った夏を描いていて、
まるで夏休みの作品を拝見しているようでした。
ハガキに表現することが出来る人は、
ピアノ曲を演奏する際にも考えて演奏してくれそうです。

8月27日(日)は、栗原文化会館でマイタウンコンサートがありました。
仙台フィルハーモニー管弦楽団が毎年行っているコンサートで、
昨年に引き続き息子を連れて行きました。

マイタウンコンサート
今年は児童生徒を招待する企画があり、
応募して当選しチケットを頂いての参加です。
去年よりも静かに聴けるようになったんだなと成長を感じましたが、
ドヴォルザークの「新世界」で指揮を振り始めたので、慌てて止めました。
後で聞いたら、「参加したくなった。」と言っていましたが、焦ります。

9月初めは、東京でレッスンを受けて来ました。
今回は稼働先の発表会で弾く伴奏もみて頂きました。
特に心に残っている言葉は、
「すごい先生より有難い先生の方が良い」というお話です。

わかりやすく言い換えれば、
「有名な先生よりも人の役に立つ先生」でしょうか。
そのような先生を目指していきたいです。

終わりに先日、稼働している教室の発表会が無事に終わりました。
9月17日(日)は、サンリツ楽器 古川店で
場所は大崎市田尻文化センター。
9月18日(月)は、昭和音楽大学附属音楽教室 仙台校の発表会で
仙台市宮城野区文化センターでした。

講師演奏で連弾や生徒さんの伴奏も担当し、
自宅教室では出来ない経験をしました。
これから、来年のみさきピアノ教室発表会へ向けて準備を始めます。

夏休みの自由研究

お盆が終わると夏休みはあっという間に過ぎてしまいますよね。
こども達の心配事は、宿題の進み具合ではないでしょうか。
我が家も時間を見つけては宿題と向き合い、まとめていました。

夏休みのレッスンでは、生徒さんとも自由研究の話になりました。
自由という名が付くだけあって、迷ってしまうようですね。
何気なく話していた時、生徒さんがピアノの鍵盤に触れました。
「ピアノの音って、だんだん小さくなるよね。」と言われたので、
「どこまで聴こえるかな。」と耳を澄ましてみました。

ふたりで音が聴こえるまで聴いて、「これも自由研究になるよね。」と話しました。
ピアノの音が出る仕組みを調べてもいいし、
他の楽器と比べて音の長さを測ってもいいと思うのです。

昨年はピアノについて調べたいという生徒さんが
「なかなか資料を見つけられない。」と困っていたので、
ムジカノーヴァのポスターをコピーして渡したこともあります。

ムジカノーヴァ グランドピアノ
実はピアノのレッスンは自由研究のネタの宝庫です。
ピアノだけに限らず、今練習している曲について調べることも可能です。
曲名に具体的な地名や名前が入っていれば、
その場所や物について詳しくまとめることが出来ます。
作曲者が生きていた時代やどんな時に作られた曲なのかなど、
見方はたくさんあるはずです。

生徒さんに「こんな資料を探しています。」と言われたら、
「それならここにあるよ。」と紹介出来るように
知識を蓄えておきたいです。

合唱コンクールの伴奏

合唱コンクールの伴奏指導が好きです。
生徒さんが「弾けるようになりたい」と強い気持ちを持って練習に励んでいます。
そんな時は、いつも以上の力を発揮します。

レッスンで取り組んでいる曲より難しいレベルだとしても挑戦しますし、
音が多く新しいテクニックが必要な曲でも諦めないんですよね。
私は合唱の伴奏でピアノの勉強をしてきた所もあるので、
その気持ちわかります。
頑張っている生徒さんには、より一層力を貸したいと思うのです。

大人数の伴奏で大切なのは、バランスではないでしょうか。
合唱の人数によって音の大きさは変わってきます。
弱過ぎる音では歌に負けてしまいますよね。
どの位の音量で弾くのか。
練習だけでなく、本番の響きを聴いて対応する能力も必要でしょう。

生徒さんが練習していた曲は、大地讃頌。
前奏では曲の雰囲気を作り、
間奏では場面の変化を誘導する役割を担っています。
どんな表現をしたいのか、どのように歌って欲しいのかは
前奏で決まると言っても過言ではありません。

男性パートから女性パートへ声部が増えていく場面では、
ピアノも同じ音量では支えきれません。
重なり合っていく歌を聴きながら、厚みを増やしていきたいです。
クライマックスの伴奏は、右手の和音が増えて左手はトレモロになりますが、
計画的に強弱を考えなければ後々苦しくなります。
生徒さんにとっての効果的なクレッシェンドを、ふたりで考えました。

お祭りの誘いを断ってピアノを練習している生徒さんの演奏を聴いて、
この夏の努力が大人になってから、素晴らしい経験になるだろうなと感じました。
合唱コンクールの伴奏に選ばれるまでには、オーディションがあり、
選ばれてもその中でひとりだけ伴奏賞が決められます。
「どうしても演奏したい」という強い気持ちの練習は、
それだけでも充分価値があるでしょう。

ヤマハピアノ演奏グレード10級Bコース

ピアノ演奏グレード試験問題一覧 Bコース 10級昨日は息子が、ヤマハのピアノ演奏グレード10級Bコースを受験しました。
4月末の発表会を終えてから準備を始め、3ヶ月。
曲を決め、カデンツを練習し、課題を解いていく日々を過ごしました。
普段は夜まで稼働しているので、
自宅レッスンの日にピアノを見ていました。

ハ長調、ト長調、へ長調、イ短調の和音進行を覚え、
楽譜を見て、音楽を聴いて判断出来るようにします。
普段ヤマハのテキストを使用しているわけではないので、慣れるまではひと苦労。
自由曲は、練習していれば本番なんとかなりますが
課題は、応用力や対応力が問われるのです。

初見演奏の場合、30秒の予見で
何調か、何拍子か、手をどこに乗せたら良いか
考えて弾き始めます。

伴奏付けは、バスの動きを確認して準備します。
試験官のメロディを聴き取り、
どの位のバランスで演奏するか決める必要があるでしょう。

メロディ聴奏は、音符の長さや休符も注意深く聴く能力が問われます。
ハーモニー聴奏は、同じ和音が連続されたり
交互に弾かれた場合に迷うことがあります。
聴奏はどちらも、
音楽の拍子を感じられなければ再現は難しいでしょう。

グレードを受けるには、
ピアノ曲を演奏しているだけとはまた違った理解が要るのだと改めて実感します。
当日を迎えるまでは、なかなか安心出来ない状態が続きました。

でも何より救われたのは、息子の「楽しかった。」の一言。
「9級もまた受けたい。」と言われました。
結果を確認し、10級の内容を覚えているうちに準備を進めていきたいです。

ご家族のサポート

みさきピアノ教室では、お家の方の多大なご協力を頂きレッスンが成立しています。
熱心なご家庭が多く、お母様だけでなく、お父様も
レッスンにいらしてくださいます。

レッスンが終わると必ず、「どうでしたか?」と聴いてくださる方。
可能な限り練習に付き添い、教え過ぎずに見守ってくださる方。
レッスン室でニコニコご覧になって、励ましてくださる方。
生徒さんはちょっと恥ずかしそうですが、
ピアノを通じての関わりが嬉しそうです。

ちなみに妹さん達も力強い応援団なのです。
庭まで「お姉ちゃん。」と迎えに来てくれる子。
「頑張った?」と聴きに来てくれる子。
お家で練習を始めると見に来る子。
聴いてくれる人がいると、意識して練習しますよね。
「妹が好きな曲なので教えてください。」と言われたこともあります。

ひとりで練習することが多いピアノ。
反応してくれる人がいれば頑張る力になりますよね。
ご家族のサポートがどれほど支えになるか。

ピアノを習うってすごいことだと思います。
子ども達は毎日学校へ通い、家庭学習もあります。
他の習い事もあるでしょう。
その上で時間を作って練習しています。
私からみると器用だなと思うのです。

ピアノを習いたいと考える人が器用なのか、
習っているから器用さが身に付くのか。
わかりませんが、子ども達の誕生日によく伝えていることがあります。
それは、将来器用な大人になって欲しいということ。
勉強や仕事をしながら、楽しみを見つけて生活して欲しいのです。
ご家族が応援してくださるのですから、
時間をうまくやりくりしていればきっと可能です。


レッスンと講座を受ける理由

6月末に東京で秋末直志先生のレッスンを受け、
7月5日(水)は仙台のルフランで行われた、
赤松林太郎先生のセミナーに参加しました。

クラシック音楽は、楽譜から読み取れる情報が演奏に活かされます。
皆同じ楽譜を見ているはずなのに、
理解が異なるため演奏に違いが出るのでしょう。

私は今、ショパンの英雄ポロネーズを練習しています。
この曲の難しさは和音の多さですが、手が小さい私でもなんとかなって来ました
というのは思い過ごしだったことに、レッスンでは気づかされます。

前回のレッスンで音符の長さを守ろうと心に決め、
ゆっくり弾く練習を重ねていたのですが、
遠い音を取りに行くときは、音が短くなってしまうようです。

手が小さくてもなんとか届いていると思っていても、
音を出すためにはっきり弾きすぎていたり。
普段私がレッスンで生徒さんにお話している内容も指摘されました。


音が増えてくると、夢中になって客観的に聴き取れなくなるのでしょう。
余裕がなくて演奏を管理出来なくなるのかもしれません。
その状態をチェックしてもらうために、レッスンを受ける必要があります。

再び音の長さを見直す日々を過ごし、赤松先生のセミナーへ出かけました。
バロック・シンフォニア編~
インヴェンションの復習そして平均律への導入として(第2回)
というタイトルでしたが、
そちらでも音の長さについて教えて頂きました。

なぜ音の長さを守るかというと、音程を作り出すためなんですよね。
協和なのか不協和なのかを聴かずにただ音を残していても、厚みは足りません。
確認して聴き取れるかどうかを練習しなければなりません。

同じ楽譜を見ているはずなのに、人によって見方が違います。
読み取れるかどうかは、自分の知識と意識の持ち具合。
レッスンや講座を受ける度に、
毎回どうして気づかなかったんだろうと思いますが、
わかった時の発見が嬉しくて面白くて続けてしまいます。

ピアノ教本の選び方

ピアノ教本ガイドブック~生徒を生かすレッスンのために~ 山本美芽 著
6月23日(金)は、仙台のカワイで開催された、
山本美芽先生のピアノ教本セミナー「歴史と特徴」に参加しました。
ピアノ教本は世の中にたくさんあります。
どれを使うかは講師の判断に委ねられますが、
自分が好きな楽譜や使いやすい楽譜を選んでしまう可能性があります。

固定化される危険を感じ、山本美芽先生の
ピアノ教本ガイドブック~生徒を生かすレッスンのために~
(音楽之友社)を購入しました。

第1部 ピアノ教本について考えるの項は、
1冊ずつ独立して見ていた教本の関係を感じられる内容です。
ひとつの本を深めるのは大切ですが、
他を知らなければ違いがわからないですし、見落とすこともあるでしょう。
たくさんの教本が分類されていて、
先生のような見方をしていなかったので目が覚める思いでした。

セミナー当日は、歴史的背景を年表を用いてご紹介くださいました。
私が受けたのは昭和の教育で、今の子ども達は平成生まれ
とわかってはいますが、改めて再認識。

昭和は教本に合わせるレッスンでしたが、
今は選択肢が増えているので、
生徒さんに合わせた選び方が出来ます。

そして生まれた時代や環境によって、音楽の抵抗は変わるのですね。
自分が「良い」「あまり好きではない」
と分類している基準を見直す必要を感じます。

教本を作った人が
どのようなことを学び、考え、改善したいと願っているのかを
理解して使用すればより一層効果が上がるでしょう。

過去に購入して使用していない教本がたくさんありますが、
たとえレッスンで使わなくても、作った方の視点は学べるはずです。
これを機会に再び開いてみようと思います。

「音楽教室の経営」塾①

「音楽教室の経営」塾①「今までと同じ勉強をしていては駄目。勉強の仕方を買えなくちゃ。」

これは今教わっている秋末直志先生に教えて頂いた言葉で、
音楽大学で教わったことがそのまま社会で通用するわけではない
と痛感させられた一言です。

卒業後は、大学で学んだことを活かそうと思っても、
うまくいかなかったことがあります。
「教わったことって、意味が無いのかな」と途方に暮れることもありました。
でも今は、「全く違うと思っていたことが実は繋がっていたんだ」
と気づく日々を過ごしています。

小さい頃からピアノの先生になりたくて音大に入って、
今やっと目指していた先生像に向かっている気がするのです。
そんな気持ちを音楽之友社 「音楽教室の経営」塾を読んで思い出しました。

購入の決め手は、
音楽関係では無い世界を知っていらっしゃる方が書かれた本だからです。
著者の大内孝夫さんは、経済学部出身
銀行でお仕事をされた後に
武蔵野音楽大学就職課でキャリア指導を担当されているそうです。

この本は①導入編と②実践入門編に分かれています。
私が読んだのは①で、
教えるのは誰のために?という副題があります。

ピアノの先生になりたいという思いを抱いている学生さんや、
これからピアノ教室を始めたい人向けに書かれているのですが、
私は今後を考える上で読みたいと感じました。

音楽を専門に学んでも、経営の知識を取り入れなければ教室運営は出来ません。
今通ってくださる生徒さんに満足していただくために、
教室をどのように育てていったらよいか考え方を学べます。

 心に残ったのは、音大卒が陥りやすい罠という項目で、
チェック項目もあり、大切なことが挙げられています。
成果を挙げるために、計画を立てましょうでは、PDCA表も紹介されていて、
私は言葉を知らなかったので、
本を参考に作成してみたいと考えています。

音楽業界では当然でも社会で一般的では無いことは、
他を知っている方こそ気づく所ではないでしょうか。
違いを知り、改善に向かう一歩になる本です。

オーケストラの曲を取り上げる

NEWなかよしぴあの2 ワークブックピアノのレッスンでは、オーケストラの曲を取り上げることも多いです。
NEWなかよしピアノ2(ヤマハ音楽振興会)のワークブックに
リズムをうちましょうというページがあり、1曲目は『ドナウ川のさざ波』です。

ヤマハの楽譜は音楽データが充実していて、
テキストに合わせて活用できます。
伴奏くんというミュージックデータプレーヤーで再生して使えます。

伴奏くんⅡ
音楽に合わせてリズムを打つ課題ですが、
休符が多く自分の都合で数えても上手くいきません。
よく聴いて、流れに乗るまで練習します。

始めは私も一緒に伴奏くんに合わせてリズム打ちしますが、
慣れてきたら私のピアノに合わせてひとりで打てるかどうか試します。
ひとりでも大丈夫と感じられれば、次は一緒に弾いてもらいます。

1、2種類の音を覚えればいいので気軽に挑戦できます。
ところが連弾になると、
自分が出していない音も聴こえてきますし、
私が弾くとつられて弾き始めてしまうことも。
どのくらい音楽を聴いているかが判断できるページですね。

伴奏くんに合わせていると、速度が速すぎて調整することもあります。
ディスプレイの表示を見ていて気付いたのですが、
実に細かなテンポ変化が設定されています。
「音楽は一定ではなく、変化するんだ」
と子どもたちは自然に楽しく感じてくれそうです。

発表会後だから出来ること

みさきピアノ教室では4月の発表会から1カ月が経ち、
通常のテキストにじっくり向き合うレッスンになりました。
今日お配りするピアノつうしんでも、
次の目標を立ててみませんかをテーマにしました。
目標があるのは良いことです。本番に向かって頑張れます。
でも、日にちが決まっていると出来ないことがあります。

それは、余計なことです。

楽譜にフェルマータの記号がついていたとします。
「フェルマータはイタリアのバス停に書いてあるんだって。」
「バス停って、どんな場所かな?」と一緒に考えます。

「曲の終わりにあれば終点だけど、
途中であればバスが一度停まってお客さんを降ろし、
新しくお客さんを乗せてまた発進する所だね」と確認します。

「じゃあどの位で弾こうか」と相談し、
止まり過ぎたら、「エンジン止まっちゃうね!?」とか、
止まらなかったら、「お客さん降りられるかな?」と話します。

その上で自然なタイミングを探していきます。

この会話は時間がかかるのですが、生徒さんの記憶に残り、
この記号は?と尋ねると「フェルマータ」ではなく
「バス停」と答える人も。
事務的にではなく、意味を理解して
演奏に繋げていけるレッスンを目指していきたいです。