宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

学芸会のお手伝い
反応があったピアノつうしん
ピアノの上達に必要な時間
自分のレッスンで学んだこと
移調楽譜作成が楽になる

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

6月 2012

プールとピアノ

プールとピアノって、似ています。
 
昔、プールは嫌いでした。体育のプール、中止になればいいのに…といつも願っていました。そんな私が一年前、息子をプールに入れなければならなくなったのです。(ベビーコースなので、家族が補助として入ります。)
 
ところが入ってみると、これが楽しい。
目の前で息子が一所懸命動いている姿、笑顔で嬉しそうに喜んでいる姿を見ると、いつの間にか嫌いだったことを忘れていました。
 
コーチの指導も勉強になりました。
子どもたちとの関わり方、家族への接し方、グループレッスンの進め方など、ピアノ以外の習い事を通して見られたのが良かったです。
 
プールとピアノ演奏で似ている点もありました。
水の中では、力を抜けば体は浮いてきます。立っているときは自然に腕が浮きます。ピアノへ向かう時の姿勢と同じような感覚でした。
始めはバタ足も力が入ってしまっていたのですが、水に逆らわなければ楽に前進できました。腕を使い息継ぎをすれば、呼吸やリズムも関係してくるはずです。
 
プールに入って、お化粧を直してレッスン…という生活は、今月で終わり。息子は来月からキンダーへ進級します。
 
進級を意識すると、保護者の考え方が変わってくるのも感じました。今月初めには写真を撮っていただき、ピアノの発表会の記念写真を大切に思いました。
 
誰の習い事だったのかわからなくなるくらい、私の勉強にもなりました。
ありがとうございます。

大切なこと

週末、久しぶりに東京の先生とお会いしました。
もう10年ほど前からお世話になっています。
当時大学生だった私の考えは、先生のお話を伺って変わりました。
『ピアノのレッスンって、ピアノを弾くことを教えるだけじゃないんだ』
そう感じました。
 
いかにピアノがうまくなるか!?とにかく練習!というような環境にいた私。
先生はピアノがうまくなるには、新聞を読んで、ピアノ以外の本を読んで…。
それまでとは全く異なる考え方でした。
 
音楽は日常とそんなにかけ離れていない。知識がないと音楽は表現できない。
それには、新聞や本を読まなくちゃ。
考え方が変わらなければ、行動は変わらないよ。
 
先生のレッスンはとにかく楽しくて、表現してみたくなるんです。
音楽がお話になってしまう。そして展開には説得力がある。
その裏付けは理論を知っていること。
今後の課題をたくさん頂いて帰ってきました。
 
先生と出会っていなかったら、おそらく今こうしてピアノを教えていなかったでしょう。
 
 
 

ただ置いているだけではもったいない

お子さんが小さな頃に使用していた大切なピアノ。
しばらく音を聴いていないな…とか、たまに子どもが遊びに来た時に楽しそうに弾いている…ということ、ありませんか。
 
そのピアノ、使ってみませんか?こっそり練習して、みんなをびっくりさせましょう。
我が家でもアップライトピアノが使われ始めています。
 
今月から母と息子にレッスンしています。ただ家族にレッスンしているというだけではなく、色々なことが勉強になっています。
 
母からは、ピアノを習っている時どんなことを感じるか、弾いていて難しい点など直に聴けます。意外と気づかなかったこともあります。
 
息子は、まだ2歳半くらいなのでピアノ以外にも様々なことをしています。不思議なことに、いつもより少し客観的に見られておもしろいです。
 
何より変わったのは、母が子守にピアノを使用していたこと。
今まで家でピアノを弾くのは自分だけだったので、ピアノが聴こえてくるのが新鮮でした。母が片手で、♪トントントン…ひげじいさん~♪と弾くと、息子が横で笑っています。
 
私が『ひげじいさん』の弾き方を教えたわけではありませんが、ふたりにとってピアノが身近なものになっているようです。
 
子どもにピアノを弾いてあげたい方、孫にピアノを聴かせてあげたい方。一緒に連弾をしたい方も。この曲を弾き歌いしてあげたい!という気持ちのお手伝いをさせてください。
 
習った曲しか弾けない…ではなく、自由に弾きたい曲を弾いて頂けるようにレッスン致します。初めての方でも大丈夫。きっと楽しみが増えますよ。