絵本を読むように楽譜を読んでみよう
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

ブログの更新を再開します
夏休みの自由研究
合唱コンクールの伴奏
ヤマハピアノ演奏グレード10級Bコース
ご家族のサポート

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

絵本を読むように楽譜を読んでみよう

読み聞かせ講習会に参加させていただきました。普段読んでいる読み方に疑問があったのと、絵本と楽譜が似ているのでは?と感じたからです。
 
先月ピアノの先生にお会いした際、ピアノ教本の楽譜にある挿絵や歌詞について、1ページにつき10個ほど質問されました。私は疑問に感じなかったことだったので、驚きました。楽譜を見てはいたけれども、読みが足りなかったんです。
 
同じように絵本も読み手で変わってきます。
やはり先生の読み聞かせには引き込まれました。
 
特に共通点を感じたところは、
1.、や。がある本と無い本がある。無い本は自分で考えて見つけなければいけない。区切りやまとまりを考えることで解釈が変わってくる。
 
2.声の高さの上げ下げによって聞き取りやすさが変わってくる。
 
3.間を状況によって調節することで、時間の経過だけでなく感情も表現される。
 
いずれも絵と言葉から内容を読み取って考えます。
楽譜を読んで弾くこととよく似ていると思いました。
生徒さんと一緒に楽譜を読むのがより一層楽しくなりそうです。
ありがとうございます。