トンプソンとリスト、ピアノとサッカー
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

反応があったピアノつうしん
ピアノの上達に必要な時間
自分のレッスンで学んだこと
移調楽譜作成が楽になる
自発的な行動

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

トンプソンとリスト、ピアノとサッカー

日帰りで東京へ。
秋末 直志 先生のレッスンを受けて来ました。
今レッスンを受けているのは、
トンプソン現代教本1巻と、チェルニーのリトルピアニスト、
リストの愛の夢 第3番です。
?と思われた方がいらっしゃると思います。
トンプソンとチェルニー(教本名は省きます)は幼児でも弾けるレベル。
リストは演奏会等でも弾かれる曲です。

これらのテキストを一緒にレッスンを受けるということは、
初歩の教本も学ぶべき点がたくさんある
それだけ考えて指導しなければいけない
ということです。

私はピアノを教え始めた頃、
トンプソンは使用していませんでした。
理由は、「絵が白黒だから」という単純な理由。
でも秋末先生からお話を伺ってトンプソンを使用してみると、
大切なことが詰まっていると感じました。

昨日のレッスンもおもしろかったです。
歌詞や挿し絵について先生がたくさん質問してくださいます。
ここはどこ?
季節はいつ?
時間は何時?
誰が話している言葉?
年齢は?
この人はあの人のことをどう思っている?
そのあとどうなる?…
 
どこにも答えはありません。
自分で判断し、考えを持って弾きます。

この作業が、結局はチェルニーやリストに通じます。
ピアノのレッスンでは教本が終わると、
挿し絵と歌詞のヒント無しで音楽を考えなければいけません
 
を使いますが面白いですし、
私も先生のようなレッスンが出来るようになりたいです。
帰り際、新幹線で読む資料を頂きます。
先生の文章と、
 
今回は日本サッカー協会副会長 田嶋幸三さんのインタビュー記事。
サッカーはサッカーを教えるだけでは強くならない 
強さの秘訣に「言語技術」あり

ピアノを教えるのにも言語技術が必要…ということで、
この方の著書、早速購入しました。