グレード試験の本当の意味
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

反応があったピアノつうしん
ピアノの上達に必要な時間
自分のレッスンで学んだこと
移調楽譜作成が楽になる
自発的な行動

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

グレード試験の本当の意味

ひな祭りの日、東京へ行って来ました。
秋末直志先生のお宅でレッスンを受けて来ました。
先生は、毎月ムジカノーヴァという雑誌でコラムを書かれています。http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/musicanova/
 
指導者の一言で教わる側はとてもわかりやすくなり、
上手に出来るようになります。
出来ていない、と言われただけでは何も変わりません。
今月も気づきを頂けた内容でした。
 
「ピアノの先生もレッスンに通われるんですね」と
よく言われますが、もちろんです!
先生は
私よりも約50年多く人生経験があります。
ピアノ指導歴はおそらく60年だと思われます。
 
先日は、
発表会で生徒さんが演奏される楽譜の編曲
をみて頂きました。

ピアノを始めて間もない生徒さんは、
4段くらいの短い曲を弾いています。
そのような段階で発表会を迎える場合、
まだ長い曲は弾けないから…と次回に見送りますか?
 
今回、昔から知られている民謡などは、
前奏・間奏・後奏などを加えて
2ページほどの曲に書き換えてみることにしました。
 
昨年、先生から様々な楽譜が送られてきたんです。
全て先生が編曲された楽譜でした。
生徒さんに合わせて編曲をしてあげなさい。
そのためにグレード試験の勉強をしたんだよ。
という内容の手紙も同封されていました。
 
初めはなかなか考えられませんでしたが、
自分のためにもなると思い、挑戦してみました。
 
その楽譜を先生にみて頂き、演奏法などもお伺いしました。
 
前奏などもともとのメロディでない所は、
薄く弾くといいそうです。
音色に変化をつけて、本来のメロディを目立たせるんですね。
 
習いたてでも素敵な演奏は出来るはずです。
今出来る最高の演奏を表現して頂けるように
私も学びたいです。
 
素敵な発表会を開いていらっしゃる先生方のブログです♪