氷山の一角と干しワカメ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

夏休みの自由研究
合唱コンクールの伴奏
ヤマハピアノ演奏グレード10級Bコース
ご家族のサポート
レッスンと講座を受ける理由

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

氷山の一角と干しワカメ

先月の話になりますが、
稼働させて頂いている
サンリツ楽器で開催された、
轟千尋先生の講座に参加しました。
 
講座の始めに轟先生は、氷山の絵を描かれ
「楽譜に書かれている内容がこの山だとすると、」
というお話をしながら、先ほどの氷山に
水面と裾野を描かれました。
そして、
「この位隠されている部分があり…」
というお話をされました。
(隠されている部分がものすごく大きく感じられました。)
 
その後の講座では、
楽譜のどこに注目して読み取れば良いのかを
わかりやすく丁寧に教えてくださいました。
 
♪♪♪
 
轟先生の講座から1週間ほどして、
私は秋末直志先生のレッスンへ向かいました。
 
今月のムジカノーヴァのコラムにも書かれていますが、
干しワカメの話になりました。
 
先生はよく、「楽譜は干しワカメだから、戻すんだよ。」
とおっしゃいます。
 
私は、
楽譜の情報をただ弾くのではなく、
楽譜を読み、考える作業が入らなければ
いい演奏にならない
ということかなと考えています。
 
ふたりの先生の楽譜に対する考え方を伺うことが出来た1か月でした。
 
私のお仕事は、
生徒さんが楽しくピアノを演奏出来るように
お手伝いをする仕事です。
 
まず私が深く楽譜を読み込めること。
 
読み込んだ内容を、
生徒さんにわかりやすく、おもしろく伝えること。
 
生徒さんの「こう弾きたい!」という意欲を引き出し、
演奏で表現できるようにアドバイスすること。
 
この3つが基本になります。
 
これからもこの3つを忘れずに、暑さに負けずに頑張ります。
 
夏もピアノを楽しみましょう♪