宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

自発的な行動
練習するきっかけ
ブログの更新を再開します
夏休みの自由研究
合唱コンクールの伴奏

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

12月 2013

モチベーション

2013年も残すところあとわずかとなりました。
道路を行き交う車もどこか慌ただしいです。
 
先週末でレッスンを終えてゆっくり過ごしていたのですが、
仕事をしていない時にアイディアがわくものですね。
 
こうしたら面白そう
あれをしてみたい
もっと出来るようになりたい
 
そんな気持ちはリラックスしている時に浮かんでくるようです。
 
先日、
私の先生(秋末直志先生)が作ってくださった文章を排読しました。
『モチベーションについて』というタイトルでした。
 
私が大学生の頃、秋末先生のレッスンに通い始めた動機は、
「ヤマハのグレード試験に合格したい。」でした。
 
ところが今は
「楽譜から情報を読み取り理解して、
演奏できるようになり、生徒さんへ伝えたい。」
という動機に変わっています。
 
驚いたことにこのモチベーションは
秋末先生が考えていらっしゃる
生徒にモチベーションにして欲しい内容
ほぼ同じものでした。
 
生徒さんはどのようなモチベーションを持っているのでしょう。
体験レッスン時にお話を伺いますが、
モチベーションは、私のように変化するものです。
 
1年の終わりに今年を振り返り、
2014年初回のレッスンで
モチベーションについてお話してみたいです。
 
1年間ブログをお読み頂きありがとうございます。
より良い文章をまとめられるように勉強致します。
 
来年も宜しくお願い申し上げます。
よいお年をお迎えください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ジングルベルを弾いてみよう

寒くなりましたね。
明日から幼稚園や学校は冬休みに入ります。
クリスマス、年末年始もあり、子ども達はとても楽しそうですね。
 
12月に入ってから、私は生徒さんに
『ジングルベル』(途中から)を弾いてもらいました。
楽譜は無しです。
「ジングルベル弾ける?」と質問してみると、
色々な反応が返って来ました。
 
何も言わずに弾き始める人
(おそらく普段遊び弾きをしています)
 
「弾けない。」と言って弾ける人
(弾いたことが無かっただけです)
 
「やってみます!」と挑戦する人
(大切なことですよね)
 
ほとんどの生徒さんが右手だけで弾きました。
うまくいかないと思っていたようですが、
最後まで弾けました。
弾けたら、私が左手を担当して一緒に連弾してみます。
 
『ジングルベル』のメロディは、
ドレミファソの鍵盤に手を乗せられれば弾けます。
ひとつの鍵盤に指を1本づつ
準備出来ているかどうか
メロディの動きを聴いているかどうか
確認できます。
 
次は、「左手も弾いてみよう。」と話してみます。
するとまた、先ほどのような反応が返って来ます。
 
「3つの和音を覚えてね。」と言って、
C(ドミソ),F(ドファラ),G7(シファソ),を伝えます。
ほとんどの生徒さんが頑張って両手で弾いてくれました。
 
余裕がある生徒さんには、
伴奏形を変えたり、調を変えたり
更に変化を加えてもらいました。
 
楽譜を読んで弾くことと、楽譜が無くても弾けること
これが共通になったら嬉しいですね。
 
季節の曲を弾いてみましょう♪
 
 
 

ソルフェージュからピアノへ

10年前に読んだ本を再度読み直しています。
 
ソルフェージュからピアノへ
ソルフェージュからピアノへ -4・5歳児のピアノ指導-
呉 暁 著
 
この本は約10年前、大学を卒業してすぐに
幼稚園でピアノの個人レッスンを担当することになり、
手に取りました。
 
4・5歳児という言葉に興味を持ったことを覚えています。
呉 暁先生の『リズムとソルフェージュ』というテキストもありますが、
そちらの表紙にも○歳から○歳までと載せられています。
(生徒さんはかなり気になるようです)
 
ピアノを弾くためには何が必要なのか
ピアノへの導入はどのように進めるのか
幼児のレッスンで大切なこと
など、とても興味深く拝読し、ノートを作りました。
この本を読んで非常に助けられたことを覚えています。
 
そして約10年経ち
再び手に取ったのは、息子がもうすぐ4歳になるからです。
プレゼントは用意しますが、
母がパワーアップして、より一層楽しく音楽を共有出来たら
それもプレゼントかなと思いました。
 
改めて拝読してみると勉強になる内容ばかりでした。
リズム指導
音感を伸ばす
ピアノ教本に入る前に
この3つの項目はとても参考になります。
 
呉 暁先生の文章は
何が必要で、なぜ大切なのか
はっきり説明されていてわかりやすいです。
豊富な経験からの成功、失敗についても述べられています。
日頃の指導を見直し、また意欲的にレッスンへ取り組めます。
1年の振り返りにぴったりの本でした。
 
 
 
 
 
 
 

CD付き楽器カード

12月になりましたね。
カレンダーは1枚になり、街はクリスマス飾りで華やかです。
師走というだけあって、何かと予定があり、忙しくなりますね。
そんな時、一息つけて『気分転換になるもの』を見つけました。
 
くもん出版のCD付き楽器カードです。
 
弦楽器、管楽器、鍵盤楽器、打楽器、和楽器
計32枚のカードが入っています。
カードの表は楽器の写真。
裏には大きく楽器の名前が書かれています。
楽器の説明や演奏している様子がわかるイラストも載っています。
 
面白いのがCDです。
たとえば弦楽器は、
バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、ギター、ハープ
の順番で収録されています。
この6つの楽器で「春が来た」を聴き比べることができます。
 
バイオリンの場合、バイオリン独奏の「春が来た」を聴いて、
その後、メンデルスゾーン作曲
「バイオリン協奏曲 ホ短調 第1楽章」と読み上げられ、
演奏が流れます。
 
始めに独奏を聴いてから演奏を聴くので、
とてもわかりやすいです。
また、楽器名や曲名が読み上げられるので、
字が読めない幼児でも聴いて覚えることが出来ます。
 
レッスンでは、
1回目のレッスンで、1枚の楽器カードを見て聴いて、
2回目のレッスンで、「前回の楽器、覚えているかな?」
とクイズを出せますね。
覚えていたら、新しい楽器カードを見て聴く…というように、
1回のレッスンでひとつの楽器を覚えて帰ることが出来ます。
 
楽器の音の出し方、音色などを覚えられると、
「このメロディは何の楽器で演奏したい?」
という質問にも答えられるようになると思います。
 
そして大切なのは、出来れば実際の演奏を目で見て聴くことですね。
今は子どものためのコンサートもありますし、
学校でも演奏を聴く機会があります。
どんな楽器か知っていて聴く演奏は、より一層楽しめると思います。
音楽が好きになる土台になってくれると嬉しいですね。
 
さて、冒頭の『気分転換になるもの』ですが、
私はこのCDを息子と車内で聴いてみました。
それぞれの楽器の持ち味がよく出ている曲が選ばれていますので、
華やかでゆったりとした気持ちになります。
たとえ朝の慌ただしい時間でも、
耳を澄まして落ち着くことが出来ます。
 
レッスンでも、ご家庭でも使えるカードです。
冬休みにお子さんと楽しんでみませんか?