宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

学芸会のお手伝い
反応があったピアノつうしん
ピアノの上達に必要な時間
自分のレッスンで学んだこと
移調楽譜作成が楽になる

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

1月 2014

楽譜の見え方

もうすぐ1月も終わり、今週末はもう2月ですね。
昨日はどんな休日を過ごされましたか。
私はプラネタリウムを観て来ました。
 
宮城県大崎市の生涯学習センター、
パレットおおさきにはプラネタリウムがあります。
(ちなみにこちらのセンターにはホールがあり、
ピティナのステップなども行われています。)
 
プラネタリウムを最後に
ご覧になったのは、いつですか?
私は小学校以来かもしれません。
 
プラネタリウム=星を投影するというイメージだったのですが、
始めから星を映すわけではないのですね。
まず上映時の空が映し出されました。
夕方になり太陽が沈み、やがて星が現れます。
始めから星が見られるよりも
変化する空を眺めているうちに
現れる星は感動です。
 
解説者が幼児にもわかりやすいように
矢印や星座の絵を映して丁寧に教えてくださいます。
満天の星空を眺めているうちに、
明るさが異なる星や星座を見つけられました。
 
そのうちに私は、
星が音符に見えてきました。
始めは点に見える星ですが
観る人が見ればひとつひとつが名前のある星。
それぞれ明るさや質も異なります。
その星々をつないで星座を考えたり、
他の星を探す目安にしているんですね。
 
もしかしたら楽譜を読み始めて間もない人にとって、
楽譜は星のように見えているかもしれません。
その見方をわかりやすく伝える解説者がピアノ講師の役目。
いつの間にか
プラネタリウムを観ながらピアノについて考えていました。
 
 

『はじめに』や『まえがき』

最近、ピアノ教本について色々と考えていました。
テキストを選ぶにあたり私が大事にしていることは、
無理なく進めるということです。
 
導入では
譜読みから入るもの
リズムから入るもの
黒鍵から入るもの
白鍵から入るもの
歌や身体の動きから入るもの
など種類が豊富です。
 
挿絵も
カラーや白黒に分かれ
作られた国によっても雰囲気が変わります。
日本の教本は、デザインもタイトルも凝っていて
子ども達にわかりやすいように工夫されています。
アメリカやフランスの教本は民謡や歴史も含まれ
日本と異なる文化が感じられます。
 
様々な教本を手に取り、
改めて『はじめにや『まえがき』を読み直しました。
このページは先生だけでなく
お家の方にも向けて書かれています。
 
挨拶や説明も掲載されていますが、
なぜこの教本を作ろうと考えたのか
どんなことを大切にしているのか
作者の思いが伝わってきます。
 
中でも数ページにわたって紹介しているのは、
トンプソンリラ・フレッチャーです。
勉強になる内容なので、また読み返そうと考えています。
 
特にリラ・フレッチャー模倣による学習方法について
では6曲紹介されており、
無理なく演奏出来るように作られています。
 
『はじめに』や『まえがき』には
とても大切なことが書かれています。
レッスンや練習のヒントになる言葉もあります。
本を初めて手に取った時だけでなく、
久しぶりに開いてみませんか。
 

目に見えないもの

2014年1月のレッスンが始まりました。
 
昨年と同じように生徒さんが元気にいらして、
「今年も宜しくお願い致します。」
という挨拶を交わすことが出来るのはとても幸せですね。
 
昨年よりも成長して上手になっている姿を拝見すると
なお嬉しいです。
 
♪♪♪
 
NHK朝の連続テレビ小説
『ごちそうさん』ご覧になっていますか。
今週の放送はとても面白かったです。
 
主人公・め以子の長女・ふ久が、
学校の窓から石を落としたり、
ボヤを出したりして停学になります。
 
め以子は、食べるものにも興味を示さない
ふ久が何を考えているかわからず
思い悩みます。
 
でもある日、
水が沸騰してやかんの蓋が上がっていた様子を
不思議に思って尋ねたふ久を見て、
家族はふ久が浮力や重力の
実験をしていたことに気づきます。
 
その時にふ久のおじいちゃんである
正蔵さんが言った言葉が、
「おもしろい目を持った子やな。見えんもんを見ようとしてる。」
この言葉に感動してしまいました。
 
ピアノで奏でる音楽も目では見えません。
音楽は楽譜で表現されますが、読み取る力が必要です。
その力を身に付けていくのがピアノレッスンだと感じています。
 
どうして?と疑問がたくさん出てくるのは
とても素晴らしいことですね。
興味を持って観察、実験(試行錯誤)するのも
大切な時間です。
 
30年近くピアノを弾いていますが、
当たり前だと思わずに
生徒さんと一緒に新鮮な気持ちで音楽を共有したいです。
 
 

夢結び

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。

2014年のお正月はどのように過ごされましたか。
私は、日本3大稲荷のひとつ
竹駒神社へ初詣に行きました。
 
その神社で、『夢結び守り』を購入しました。
 
お守りの台紙には、
意成り(いなり)
 
多気呼真意成利(たけこまいなり)
[多くの気を呼び真心のままになる]
 
と書かれています。

ピアノ講師のお仕事は、
夢を叶える仕事だと思うのです。
 
ピアノを習っていらっしゃる生徒さんは、
ほとんどの方が夢をお持ちです。
「あの曲を弾けるようになりたい」
「もっと上手に弾けるようになりたい」…。
小さいお子さんの場合は
御家族の思いも含まれるかもしれません。

その願い、夢を叶えるお手伝いが私の仕事です。
そして
更に大きな夢を描いて頂くきっかけを提供する仕事だと考えます。

2014年4月20日(日)、
宮城県栗原市一迫ふれあいホールで、
第2回 みさきピアノ教室発表会を開催致します。

生徒さんの「弾けたらいいな」の
夢が詰まったコンサート。
今年も「弾けたらいいな…を弾けた!」に変える
お手伝いが出来ましたら幸いです。