宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

学芸会のお手伝い
反応があったピアノつうしん
ピアノの上達に必要な時間
自分のレッスンで学んだこと
移調楽譜作成が楽になる

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

3月 2014

個人レッスンとグループレッスン

宮城県は雪が残っていますが、
今日は暖かい日差しに包まれています。


先日、稼働している楽器店の発表会で
司会をお手伝いしました。
グループレッスンの発表会を拝見して
とても勉強になりました。


今回は個人レッスンとグループレッスンについて、
実体験を交えて考えてみます。

♪♪♪


私は小学校に入学してから
ピアノを習わせてもらえることになりました。


父が様々な教室を見て回り、まず決断したことは
「この子にグループレッスンは無理。」
ということだったようです。
私は学校で算数を教わっても、
1+1=2
という式に納得がいかず、
「どうして1+1は2なのかな?」
と疑問を持ってしまう子どもでした。


教わった度に色々と考えていたら
グループに付いて行けないと判断されたのでしょう。
私は知り合いのピアノの先生に、
個人レッスンを受けることになりました。


その先生が楽譜の読み方を教えてくださいました。
ある時楽譜の読み方が理解出来て、
当時弾いていた楽譜を終わりまで読みました。
先生は全て○にしてくださいました。
今思えばたくさん気になるところがあったはずです。
その点は目をつぶり、楽譜を読んできたことをほめてくださいました。


その頃から、ピアノって面白い
ピアノの先生になりたい
と思うようになりました。


ピアノ
個人レッスンは、
生徒さんのペースに合わせられます。

私のように疑問をもってしまう生徒さんには、
ひとつひとつ丁寧に説明することが出来ます。

弾けていればどんどん進めることも可能です。
反対に、難しいテクニックがあれば、
克服するまで見守ることも可能です。


テキストも様々で、幅広い要望にも応えられます。
この曲が弾きたい
伴奏を付けられるようになりたい…
ご希望に合わせてレッスン内容を考えられます。


グループレッスンにはグループの良さがあります。
あくまでも私の考えですが、
アンサンブルが出来、
ひとりでは味わえない体験が出来ます。
皆の演奏を聴く機会があります。
先生の質問にも様々な意見が飛び交うでしょう。
その意見を聞いて色々な気持ちを感じられます。
大勢で一緒に足並みを揃えて目標に向かえます。


個人レッスンもグループレッスンも
どちらも良い所があります。
優先して頂きたいのは、
生徒さんのご希望です。

どのような環境が生徒さんを伸ばすのか。
無理なく楽しく通えることが1番だと思います。


春、新しいことを始めるにはぴったりの季節ですね。
ぜひ生徒さんに合ったぴったりの環境が見つかりますように。





1096日

1096日。
昨日の河北新報の広告特集に大きく印刷されていました。

東日本大震災から、3年
という言葉を昨日はたくさん目にしましたが、
1096日という文字が非常に印象的でした。

3年は区切りの年と言われます。
確かにそうです。
でも区切れないものもあります。
無理をして区切らなくてもいいと思うのです。
1096日、みんな毎日を大切に精一杯生きてきたのですから。

2011年の3月11日14時46分は、
自宅で昼寝をしていた1歳の息子を抱えて外に出ました。
立っていられるのがやっとで、
その後は余震が数えられないほど続きました。

世の中は音楽どころではなくなった
ピアノ講師にはもう戻れないだろうな
そう思いました。

ライフラインが復旧し、
やっとテレビで通常のCMが流れ始めた頃、
私は小学校で補助員として働くことになりました。

地震で崩れた図書館の本を
元に戻す作業から始まったお仕事。
出産前にピアノ講師をしていたということで、
学校行事でピアノを弾かせて頂けることになりました。
震災後はピアノを弾く気にもならなかったので、
随分弾いていませんでした。

久しぶりにピアノを弾くと、
みんなが笑って大きな声で歌ってくれます。
とても嬉しくなって、
ピアノを弾いている時間が大好きになりました。

小学生時代の私も同じで、
ずっとそんな気持ちでピアノを続けていたことに
気づかされました。

そのうちに
もっともっとピアノでみんなを笑わせたい
と感じるようになりました。

その気持ちは変わりません。
今こうして生きていて
ピアノ講師としてお仕事させて頂けることに感謝して
私に出来ることをしていきたいと思います。


遠くと近くに目を向ける

3月が始まりましたね。
積もった雪も融け、少しずつ春が近づいています。

週に2日は高速バスに乗っているのですが、
車内で本を読んでいます。
目の前の本に夢中になっていると、
あっという間に目的地へ着きます。
本の内容について考え事をしている時は、
外の景色を眺めていることが多いです。

そんな時、季節が感じられる風景に出合うと嬉しくなります。
栗原市から仙台方面へ向かう高速道路からは、
遠くに七ツ森が観られます。
7つの山が並んでいて、とてもかわいらしい形をしています。
雪化粧をしている姿は、私が1年で1番好きな風景です。

集中している状態は、
作業がどんどんはかどり効率も良いです。
でも、集中していると見逃してしまうこともあります。
実はそこに大事なことが隠れているかもしれないです。

私は昔、「ピアノは弾ければいいんだ」と思っていました。
楽譜を読めて、それなりの速さで弾けて、
ある程度形になれば完成だと考えていました。

でもそれでは、大事なことを見逃していたんです。
弾くことばかりに気を取られていると、
何も考えずにただ手を動かしてしまいます。

ここの音が重なった時の響きがきれい!
この曲はどんな作りになっている?
自分だったらどうするかな?
などなど
面白いところ、感動するところはたくさんあるはずです。

集中することはもちろん大事。
でも時には、注目していなかったことに目を向ける時間
も大切だと感じました。