宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

学芸会のお手伝い
反応があったピアノつうしん
ピアノの上達に必要な時間
自分のレッスンで学んだこと
移調楽譜作成が楽になる

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

6月 2014

脳の活性化

天気の急変する日々が続いています。
晴れる時間帯もあれば、雷雨になったり。
風邪も流行っているようです。
気温差も激しいので、体調管理が難しいんですよね。

先日いらした大人の生徒さんも、
「頭がぼーっとする」とおっしゃっていました。
でも、レッスンが終わる頃には、
「目が覚めた。」と笑顔で帰られ、とても嬉しかったです。

私もエアコンの効いた部屋で長時間声を出しているせいか、
風邪をひいて薬を飲んでいました。
ぼんやりしてくるのですが、
ピアノを弾いているといつの間にか目が覚めます。

大人の生徒さんのレッスンでは、
『脳の活性化』という言葉をよく聞きます。
ピアノが弾けるようになりたいという動機はもちろんなのですが、
脳に良いことをしたい
と感じて通われる方も多いのですね。

ピアノのレッスンで、脳に良いと思われることをまとめてみます。

音を良く聴くこと
ひとりで音楽を聴くこともできますが、
自分が演奏する曲だと思って聴くと
集中力が高まります。

真似をすること
講師の歌やリズムを真似して頂く機会が多いです。
注意深く観察し、記憶して、
自分の声や動きとどう違うのか考えます。

楽譜を読み取ること
楽譜には、音の高さ、指番号、楽語、強弱記号
他にもたくさんの記号があります。
それらを覚え読み取る力が必要です。

質問に答える
楽譜について、音楽の作られ方について、
曲名と音楽の関わり等、講師からは様々な質問があります。
一所懸命答えるうちに考える力が身に付きます。

演奏すること
上記の4つを取り入れながら弾きます。
姿勢を整え、出したい音を想像し身体を動かします。
うまくいかなければ、なぜうまくいかないのか
客観的に見直します。

調べること
音楽について気になることがあったら調べます。
作曲家、曲が作られた背景、歴史、文化、国、
言葉の由来、歌であれば歌詞…
たくさん調べることがあります。
調べた内容をふまえて、
自分はどのような演奏をするのかが大切です。

少し考えただけでこれだけのことが浮かびますし、
もっとたくさんの内容が関係していると思われます。

最近嬉しかったことは、
大人の生徒さんが自主的にCDを調べたり、
もっと知りたいと勉強されている
というお話を伺ったことです。
楽しく学ばれる方は上達されますね。

大人も子どもも同じです。
たくさん頭を使って、興味の幅を広げてください。
きっとピアノだけでなく、他の学びへつながります。


つまずきはチャンス

梅雨が始まりましたね。
雨が続くと洗濯物が乾かない
歩くのが大変…などなど色々ありますが、
子ども達を見ていると、そう悪くもないようです。

雨が降ればお気に入りの傘を差せる。
傘に落ちる雨の音は面白い。
カエルが元気に鳴く。

悪いことではなく、いい面に目を向けていますよね。
子どもの才能だと思います。

雨が続く日は、何を過ごしていらっしゃいますか。
ピアノを弾くのもいいですが、
私が最近はまった本をご紹介します。

PHP新書 意識力 宮本慎也さんの本です。
この本は私のピアノの先生にご紹介頂き、
すぐに購入しました。とても面白かったです。

宮本慎也さんは、ヤクルトの日本一に貢献し、
アテネ五輪では日本代表のキャプテン、
WBC,北京五輪にも出場、
北京でもキャプテンを務めています。
2013年に引退され、
19年間プロ野球で活躍した選手です。

意識力の中では、野村監督のお話も度々登場し、
いかに素晴らしい指導者だったのかがわかります。
私は、野村監督の本もたくさん読んでいるので、
ご本人のお話と選手が学んだ内容が一致していて、
指導が確実に伝わっていることが理解できました。

文章中、何度も登場してくる言葉は大変参考になります。
アマチュアの指導者がよく使う表現
というフレーズ。
プロは明確な理由を持って違う方法を取っている様子が
説得力を持って示されています。

様々な経験を重ねるうちに
どうしてうまくいかないのだろう?と疑問がわき、
改善したいという強い思いから工夫が生まれます。
それはエースではないからこそ
身に付けられた術だそうです。

ピアノのレッスンはもちろんのこと、日常生活でも、
どうしてうまくいかないんだろう?
と感じることは多々あります。
そんな時はきっと、
自分が成長できるチャンス
と思って日々頑張りたいです。


原画と原典版

私は絵が好きです。
美術展へ出かけますし、
ピアノ教本の挿絵も非常に気になります。

先日、ムーミン展を観に盛岡へ行って来ました。
今年はトーベ・ヤンソン生誕100周年記念で、
日本初公開の原画約150点が観られました。


鉛筆で書き込まれた絵もあり、
実際にトーベ・ヤンソンが描いた様子が伝わって来て、
感動しました。

ほとんどがペン書きで、
色が塗られていた作品はごくわずか。
習作(練習の為に作られた作品)もたくさんありました。

出口のグッズ売り場には、
色鮮やかなジオラマが展示されていました。
作者は試行錯誤して作られたそうです。

ムーミンのアニメも流れていました。
小さい頃観ていましたし、最近も放送されていました。

原画が元になって、
様々な物が作られているんですね。

私は、原画=原典版のように感じました。

原典版とは、作曲家が記した楽譜を
出来るだけ忠実に再現した楽譜のことです。
原典版を元に様々な編集が行われ、
色々な楽譜も出版されています。

その楽譜が私達の所に届き、
楽譜を読み、演奏することが出来ます。
また、その演奏を演奏会やTV等、録音でも楽しめます。

作り手と私たちの間には何人もの方々が関わっており、
悩んだり、工夫を重ねて形になっているはずです。
そのことを忘れずに物事と向き合い
レッスンしたいです。