進度と上達の関係
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

ブログの更新を再開します
夏休みの自由研究
合唱コンクールの伴奏
ヤマハピアノ演奏グレード10級Bコース
ご家族のサポート

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

進度と上達の関係

先日、ピアノを教わっている先生から素敵な言葉を教えて頂きました。
「音楽は少なく読んで多くを学んだ方がいい」
この言葉、気になりませんか?

ピアノのテキストを進めていくうえで、
速く1曲を通して弾けて合格して
どんどん進めば上達していると思いますよね。

でも本当に必ずしもそうと言えるでしょうか。
速く進むということは、1曲に費やす時間が短いということです。
初歩の楽譜だとしても、簡単な曲でしょうか。
シンプルな曲こそ、何か隠されているのでは!?
と疑って考えたいものです。

例えばピアノを見て、ただ「ピアノがある」と思う人と
これは○○のメーカーで、大体この年代に作られて、
特徴は…とたくさん述べられる人もいるはずです。
ひとつの物を見て、たくさん語れれば
多くの情報を知っていることになりますよね。

ある曲を見て、「簡単!すぐに弾けるよ。」
と感じれば意欲的に取り組めます。
でも私が重要だと考えているのは、いくつ発見出来たか。
レッスンでは、演奏する前に生徒さんと
気づいたことをたくさん話し合います。

まだ弾けていなくても、曲の作られ方を見つけられれば
今後他の曲を読む際に情報が増え、役立ちます。
その積み重ねの結果、ひとりでも
楽譜を見てすぐに内容を読み取れるようになるはずです。

目の前の曲を弾けることはもちろん大切ですが
この先、生徒さんが「弾きたい!」と思った曲を
楽しめる力を見に付けて頂きたい。
そう願いながら今年のレッスンを締めくくりたいです。