宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

自発的な行動
練習するきっかけ
ブログの更新を再開します
夏休みの自由研究
合唱コンクールの伴奏

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

8月 2015

習い事の効果

涼しくなり、何か始めてみようかな…と感じる季節ですね。
芸術の秋、これからは音楽のイベントも増えます。
たまたま耳にした音楽に心を惹かれ、
自分もあんな風に演奏できたらいいなと感じ、
習い事を始めるきっかけになるかもしれません。

ピアノ教室では、
ピアノを弾けるようになりたいというご希望が多いと思いますが、
それ以外にもたくさんのメリットがあります。

特に感じているのが、聴く力が育つことです。
音楽は○や×の世界ではありません。
講師が詳しい話をすることもあります。
入会されて間もないお子さんは、途中で集中力が欠けることも。
それが数か月経つと、静かに話を聴いて、質問にも答えられるようになります。

話を聴ければ、学校で授業の内容も頭に入りますし、
質問に答えられれば、コミュニケーションも広がるでしょう。
日常生活でも、聴くことに敏感になって欲しいと願っています。

自分の演奏は、自分が確認できなければ直せません。
演奏に集中しながらも音に耳を澄ます繰り返しで、
注意深く音を聴けるようになります。

ピアノのレッスンでは毎回宿題が出ます。
これまでに教わったことを総動員して考えてきていただくのですが、
出来が良ければ良いほど新しいことをプラスされます。

家で練習してきても、新しいことが加わると途端に弾けなくなる
という生徒さんもいらっしゃいます。
柔軟性が求められますし、さらに先があるということです。

ぜひそこでショックを受けずに、
自分のアイディアの他にこんな弾き方があったのかと
感動されるような提案を目指して、日々私も学んでおります。

簡単なことって、やりがいが感じられなかったりしませんか。
ちょっと難しいから、面白くて挑戦したくなる。
その繰り返しで30年近くピアノを続けてきました。

今回は、私が今もピアノを教わって、毎日レッスンをして、
特に大切だと思う習い事の効果をまとめてみました。
ずっと続けたいと思う、素敵な習い事が見つかりますように。


暑中見舞いからわかること

今年の夏も、生徒さんに暑中見舞いをお送りしました。

ひとりひとりの顔を思い浮かべ、
過去を振り返り
現在を見つめ
未来を想像します。

私が生徒さんのことをどれほど見られているかがわかる瞬間でもあります。

今年特に嬉しかったのは、お返事をたくさん頂いたことです。
大人の方も小さなお子さんも、自分の言葉で綴って下さいました。
1番小さい生徒さんは、ハガキいっぱいのイラストで、
お母様が伝言を添えていらっしゃいます。
大人の生徒さんは、私が嬉しくなるメッセージです。

どの生徒さんにも共通していた点は、表現が上手なところです。
自分の感情や思いを真っ直ぐに書いてくださっています。
そのような文章を書ける方は、ピアノも上達すると思うのです。

人に話したり、文章にすることで、自分の考えがまとまります。
中にはこれを頑張りたいと、決意表明する人もいるでしょう。
伝えたいという強い思いがなければ書けません。

音楽もきっと同じ。

自分が感じたことは
言葉や文字にして表現して頂きたいですし、
そのような機会を設けていきたいと考えています。


長続きの秘訣

昨日は東京へレッスンを受けに行って来ました。

行きの新幹線で気づいたことを楽譜に書き込み、
帰りの新幹線では思い出される言葉を手帳や楽譜に書き込みます。
内容が深く心に残るからこそ記憶され、記録できるのです。
内容が深いのは、理論に基づいているからだと思います。
毎回感じますが、理論に基づくお話には、説得力があります。

ふと気がついたのですが、もう先生には14年近くもお世話になり、
ピアノだけではなく全てのお話が人生の勉強になっております。
人生の勉強というのは、
レッスンで教えていただくお話が
ピアノだけでなく他のことにも共通する内容だからです。

たとえば昨日は、
年を取ったら若い人とどう付き合うかというお話を伺いました。
ピアノのレッスンでは、生徒さんと親しくなることが大切です。

生徒さんが講師に対して、自由に尋ねたり思いを伝えたり出来る関係が
円滑に進む秘訣ではないでしょうか。
どこかに壁があると、わだかまりが生まれます。
年齢、性別関係なく、友達関係でも無く、
お互いに発言しやすい雰囲気を作れれば、
実りあるレッスンになるでしょう。

私が長年を通して先生に教わっているのもこの理由からです。
先生は何でもお見通しなので、私も包み隠さず演奏や言葉で表現します。
安心して何でも相談できるので、疑問が解決されます。

私も生徒さんひとりひとりにとってそのような存在になれるように頑張ります。

こどもの夢ひろば ボレロ

8月2日(日)は、日立システムズ「希望の響き」シリーズ
こどもの夢ひろば ボレロ
〜つながる・集まる・羽ばたく〜へ行って来ました。

ゼネラルプロデューサーは、ピアニストの小山実稚恵さんです。
このイベントはちょっと変わっていて、
仙台フィルハーモニー管弦楽団による
ボレロ大集合コンサートのチケットを持っている人は、
イベントパスポートがもらえます。
パスポートを提示すると、様々なイベントに無料で参加できる仕組みです。

なぜボレロ大集合コンサートかというと、
スペシャル・プレイヤーズと呼ばれる方々が出演するからです。
ピアノパートは小山さんと連弾で、
オーケストラのソロパートも
オーディションで選ばれた方の素晴らしい演奏でした。
客席横には小学生の合唱団が、
編曲されたボレロの歌詞を歌って聴かせてくれました。

客席は振付師の指導で音楽に合わせて踊ります。
機関車や虹の動きは音楽と一体になっていて、とても楽しかったです。
最後は全員立って腕を上げたポーズで締めくくりました。

私は一緒に出掛けた息子の希望により、
ステージ目の前の席に座っていました。
演奏していたお子さんが、終了後涙目になっていて、
私もつられてしまいました。
目の前には満員の客席です。
きっと、オーケストラと共演するのが夢だったのでしょう。
夢が叶った瞬間に立ち会うことが出来ました。

その他の企画も盛り沢山で、
各分野の専門家から実際にお話を伺い、教われる内容ばかり。
既に来年以降の企画が練られているようです。

みさきピアノ教室の
「弾けたらいいな…を弾けたにしましょう」という言葉も
夢を叶える意味があります。
ひとりひとりの生徒さんの「弾きたい」を実現できるように
私も気持ちを新たに頑張ります。