ポップスの考え方が変わるセミナー
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

夏休みの自由研究
合唱コンクールの伴奏
ヤマハピアノ演奏グレード10級Bコース
ご家族のサポート
レッスンと講座を受ける理由

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

ポップスの考え方が変わるセミナー

昔、生徒さんとポップスとクラシックについての話になり、
「何が違うの?」という質問を受けたことがあります。
とても心に残っているので、よく覚えています。

私は、小さい頃から
バイエル、ツェルニー、バッハ、ソナチネ、ソナタ…など経験して来ましたが、
映画音楽を演奏するコンクールに参加していました。
電子オルガンとのアンサンブルや合唱の伴奏もしていました。
ジャズやラグタイム、ボサノバにはまっていた時期もあります。
それもあってか、ポップスには抵抗が無く、むしろ好きな方です。

生徒さんから要望があれば、ポップスは扱っています。
でも、これでいいのだろうかという疑問もあり、
9月24日(木)、春畑セロリ先生の
ピアノの先生方のためのやさしいポップス指導入門
のセミナーへ参加して来ました。

今回のセミナーは、
ポップスとクラシックの違いについてのお話から始まりました。
クラシックは実はとても狭い分野だということに納得。
ひとつの分野を学んでいるからこそ違いが理解できるという言葉は、
心強かったです。

ポップスの歴史・各国の音楽についてのお話を伺っているうちに、
私の考えていたのはなんて一握りの世界だったのだろうと驚きました。
どうやら、ポップスの意味が違っていたようです。

セロリ先生の音楽知識や興味の幅広さは素晴らしいものでした。
たくさんの音楽を聴かせてくださり、どこの国でしょう?とクイズのような体験も。
なんだか、自分はとても損をしているような気持ちになりました。

ピアノは色々な表現が出来ます。
もっと様々な音楽を聴いて、楽しんで、学んで、
その先に見えてくることもあるはずです。
生徒さんがきっかけになることもあるでしょう。
「これだけ」ではなく、好奇心に素直になってみたい、そう感じたセミナーでした。