無意識と意識
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

反応があったピアノつうしん
ピアノの上達に必要な時間
自分のレッスンで学んだこと
移調楽譜作成が楽になる
自発的な行動

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

無意識と意識

シルバーウィークは、稼働先の発表会で始まりました。
サンリツ楽器 古川店、昭和音楽大学附属音楽教室 仙台校の発表会を終え、
怠けないように東京でレッスンを受けました。

バッハを見て頂いた時、
「手を動かし過ぎる」と指摘されました。
先生がおっしゃるには、決して私だけでは無いそうです。

というのも、人間は生まれてから自然に身体を動かしています。
無意識に至る所を連動させているはずです。
より良くしたいと思ったら、意識して身体を使う必要があるでしょう。

普段のレッスンでも指、手首、肘、肩を使い分けるように伝えようと努力しています。
それでも自分を客観視するのは本当に難しいです。
だからこそ、私自身が教わることに意味があります。

次の日、息子とドッヂビーをしました。
ドッヂビーとは、簡単に言うと柔らかい
フリスビーのようなフライングディスクを投げる遊びです。

息子の投げ方を観察すると、身体が回転しています。
腕を大きく振っているため、斜めに飛んでしまうようです。
どこへ投げたいのか、視点も定まっていませんでした。

これはピアノのレッスンと同じだと思いました。

なんとなく投げるのではなく、狙いを定めます。
腕ではなく肘を使い、手首は不用意にひねりません。
手から放すタイミングやスピードに気をつけて回数を重ねました。

その結果、思った方向に投げられるようになったのです。
試合を楽しむにはまだ練習が必要ですが、
とても達成感を感じました。

ピアノを演奏する場合は、身体の動きだけではなく、
鍵盤位置や音楽の流れも影響してきます。
そこが難しさであり、面白さでしょう。

身体を使い分けるヒントは、日常生活に溢れています。
レッスンでもたとえを用いて、生徒さんにわかりやすくお話したいです。
また、生徒さん自身がそのような共通点を発見出来るように願っています。