宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

学芸会のお手伝い
反応があったピアノつうしん
ピアノの上達に必要な時間
自分のレッスンで学んだこと
移調楽譜作成が楽になる

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

12月 2016

音楽で締めくくる1年

先週末は、横浜アリーナでドリカムのライヴを観て、
次の日はピアノのレッスンを受けて帰って来ました。
音楽尽くしの連休になりました。

ドリカムは中学校くらいから好きで、友達のお陰で何回もライヴに行っています。
それでも、歌を聴くと涙が出てきて、本当に音楽はすごいなと思いました。
ダンスやパフォーマンスも素晴らしいのですが、
歌声に重なっていく音の厚みに感動します。
ドラムのソロもあり、各楽器の見せ場がちゃんと作られていました。

私のレッスンでは、来年の発表会で弾く予定の
ショパンのバラード第3番に先生が拍手をしてくださり、
「ショパンがこの位弾ければ充分だろう。」と言われました。

前回のレッスン後に、
「次回仕上げをするのでまとめられるように練習して来てください」
とお話されていたので、今回はかなり弾いていきました。
もうレッスンで見て頂けないとわかると、必死になるものです。
生徒に自立して欲しいと思ったら、効果的な対応かもしれません。

先生が横でずっと指揮をしてくださったのですが、
そのノリにもう少しで付いていけそうで、悔しい気持ちをお話しました。
すると、「ノーミスを求める必要はないでしょう。」とおっしゃっていました。

実はそれは、私が生徒さんによくお話する言葉です。
自分がいつも伝えているのに、
他の人に言われてハッとすることって、ありますよね。
私が一番こだわっているのかもしれない
と気づくきっかけになりました。

今年もあと3日。
音楽に囲まれて、本当に幸せな毎日を過ごしています。
いつもお世話になっている方々に感謝して、新しい年を迎えたいです。
みさきピアノ教室ブログをお読みくださり、ありがとうございます。
また来年もよろしくお願い申し上げます。
良い年をお迎えください。

第5回発表会の選曲

先週末で今年のみさきピアノ教室でのレッスンは終わりました。
クリスマスプレゼントに生徒さんへお渡ししたのは、ページオープナー。
「これを使ってたくさん弾いてね。」と願いを込めて渡しました。

もうひとつ週末のレッスンでしたことは、来年の発表会へ向けての選曲です。
事前に記入して頂いたアンケートを元に、こちらで楽譜を準備し、
生徒さんに3曲くらい聴いて、弾きたい曲を選んでもらいます。

ピアノの先生のためのレッスン・発表会のお役立ち楽譜ガイド(音楽之友社)は、
新しい曲を見つけるきっかけにもなり、大変参考になります。
年齢やレベルの目安も出ているので、進度の確認も出来ます。

面白かったのは、私の一押しが選ばれる確率が高かったことです。
楽器店などで楽譜を見ていて、「あの生徒さんに弾いてもらいたい」
とひらめいた曲は、本人に決められることが多かったのです。


リトルコスモス(全音楽譜出版社)と春になったら…(カワイ出版)は、
お店で見つけて「これだ」と思い購入した2冊です。
春に開催の発表会なので、季節のタイトルも嬉しいです。

生徒さんに聴いていただく曲の中には、
動きがある曲と静かな曲とか、明るい曲と怖そうな曲など
あえて1曲ではなく真逆の曲も選曲することにしています。


予想外の曲を選んだ生徒さんもおりました。
ビーニー動物園(全音楽譜出版社)の
『お笑いチンパンジー』を聴いてもらったところ、
『こわそうなワニ』に興味を持ち、その曲を練習することになりました。
元気いっぱいな曲ではなく、面白い曲が良かったようです。

選曲で生徒さんの好みを知ることが出来ます。
初めて出演の方が4人おりますので、
「参加してよかった」「また弾きたい」と思っていただけるように頑張ります。


今月のピアノ講師ラボ

今月のピアノ講師ラボ(対談CD教材)は、
いつも大変お世話になっております、
秋末直志先生です。

今回の対談の内容は、監修の藤先生に合わせて
秋末先生はたとえを変えていらっしゃいました。
次々と出てくる豊富な表現に、改めて驚きました。
そして藤先生が笑っていらっしゃる場面では、
秋末先生がものすごく面白い顔で
表情豊かにお話されている姿が目に浮かびました。

これからのピアノ指導者に必要な資質は?というトラックを聴いていて、
なんだか予感がするなぁと思ったら、やっぱり的中。
CDの中で先生がおっしゃっている、「栗原の人」は、私です。

先生がお話ししていた指導者に必要な資質は、
常にレッスンの中に散りばめられています。
習い始めた16年前はわかりませんでしたが、
今はたとえ話に含まれていることが感じ取れるようになりました。
私の知識の中でしか理解できないので、
成長すれば、もっと理解が深まるはずです。

CDの中にもありましたが、
いつも伺っていて心に残っているお話は、
レッスンを受ける生徒によるということです。

指導者は、扱う曲によって指導したい内容があります。
教える人によって伝え方を変えているはずです。
ところが、生徒の演奏を聴いていて、
言うつもりは無かったのに話したくなることがあります。
それは、生徒によって指導者が引き出された瞬間だと思います。

そのような生徒は、教えていて面白く、指導者も刺激を受けるでしょう。
私も仕事をしていて楽しいですし、そんな生徒でありたいです。
そのためには、努力が必要です。

先生がおっしゃっていた指導者に必要な資質のひとつに、
今の私が特に一所懸命取り組まなければならないことがあります。
逃げずに向き合い、地域の何でも屋を目指していきたいです。