楽譜を作る時間
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

反応があったピアノつうしん
ピアノの上達に必要な時間
自分のレッスンで学んだこと
移調楽譜作成が楽になる
自発的な行動

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

楽譜を作る時間

年末年始から、楽譜を作る時間を取っています。
発表会で生徒さんが演奏する楽譜は、まだ習っていない音域もありますので、
読むのに時間がかかりそうなものは、わかりやすい高さに直しています。

《ドレミの歌》(ロジャース 作曲)を弾いている生徒さんは
5段の楽譜を早くまとめられそうなので、
前奏と後半を増やせないか考えています。
伴奏の楽譜を見て、元の楽譜と比べて、
生徒さんにとって弾きやすい音を選んでいきます。
その時間が自分の勉強になっています。

《君をのせて》(久石譲 作曲)を連弾で弾きたいというご要望もありました。
市販の楽譜は生徒さんが弾いていたメロディとは
違う調で作られているので、移調をしました。
作っているうちに間違えることもあり、頭の体操をしているようです。
この過程を重ねていると、「移調して。」と言われたとき
すぐに出来るようになると思うのです。

Sibeliusという楽譜作成ソフトを使っていますが、
だいぶ慣れてきて指番号や記号も
元の楽譜同様に入れられるようになってきました。
なにより嬉しいのは、入力が速くなってきたことです。
この勢いでもってもって使いこなせるようになりたいです。

楽譜は、見えているものが全てとは限らないです。
右手と左手ひとつずつの音しかなくても、
音を増やすことが出来ます。
書いていなくても、伴奏を付けることが出来ます。
和音は一種類ではなく、変えることが出来ます。

これがすごく大切で、生徒さんの幅を広げることではないでしょうか。
そう感じてレッスンをしています。
決して得意な方では無いのですが、
私自身がただ弾いて育ってきたので、
いかに重要か感じる毎日を過ごしています。