連弾譜の読み方
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

ブログの更新を再開します
夏休みの自由研究
合唱コンクールの伴奏
ヤマハピアノ演奏グレード10級Bコース
ご家族のサポート

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

連弾譜の読み方

今月のムジカノーヴァ2月号は、
「連弾」大好き!という特集が組まれています。
みさきピアノ教室発表会では、
ソロと連弾の両方に出演していただくことになっておりますので、
興味深く拝読しました。

一からわかる子どもたちへの連弾指導法」
という記事には譜例が掲載されているのですが、
紙面の都合上、四段譜を一段譜または二段譜にまとめています。
という文がありました。

連弾はふたりで1台のピアノを演奏しますので、
両手二段の楽譜がふたり分で
四段のスコア譜に表すことがあります。


それを一段譜にまとめているのですから、
ひとりで演奏するソロの楽譜のようになります。

この考え方はとても新鮮でした。
ふたりで演奏する音楽だけれども、ひとつのピアノを奏でるのですから、
オーケストラのように全体を眺めることが大切です。

もうひとつ気になった文章があります。
生徒の音楽性を育てるおすすめの連弾曲」という記事には、
スコア譜を作ること。
という文が何度も登場します。
スコア譜とは、先ほどご紹介した四段譜ですが、
全ての連弾譜がそうなっているとは限りません。







上のようにひとりひとりのパート譜になっていることも多いです。
見開きで、左のページに左側に座る人の楽譜(低い音域)、
右のページに右側に座る人の楽譜(高い音域)です。

パート譜形式の楽譜は、そのまま生徒さんに渡しておりました。
利点は自分の演奏がわかりやすいのですが、
相手が何をしているのかがわかりにくいという欠点もあります。
楽譜をコピーして切り貼りしたり、書いてみたり、楽譜制作ソフトなどで
作り直してみると、パート譜が出来ます。

そのままの楽譜を渡すのは当たり前かもしれませんが、
工夫して渡すと、お互いの演奏が伝わりやすくなります。
たとえまだ習っていない音域だとしても、
パート譜になっていれば楽譜を指さして、
相手の音に関心を向けられると思います。

基本でとても大事なことを再確認しました。早速パート譜に作り直してみます。