「音楽教室の経営」塾①
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

「分ける」こと「わかる」こと
お迎えの質問が上達を変える
ムジカノーヴァの使い方
初めてのペダル
演奏は判断の連続

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

「音楽教室の経営」塾①

「音楽教室の経営」塾①「今までと同じ勉強をしていては駄目。勉強の仕方を買えなくちゃ。」

これは今教わっている秋末直志先生に教えて頂いた言葉で、
音楽大学で教わったことがそのまま社会で通用するわけではない
と痛感させられた一言です。

卒業後は、大学で学んだことを活かそうと思っても、
うまくいかなかったことがあります。
「教わったことって、意味が無いのかな」と途方に暮れることもありました。
でも今は、「全く違うと思っていたことが実は繋がっていたんだ」
と気づく日々を過ごしています。

小さい頃からピアノの先生になりたくて音大に入って、
今やっと目指していた先生像に向かっている気がするのです。
そんな気持ちを音楽之友社 「音楽教室の経営」塾を読んで思い出しました。

購入の決め手は、
音楽関係では無い世界を知っていらっしゃる方が書かれた本だからです。
著者の大内孝夫さんは、経済学部出身
銀行でお仕事をされた後に
武蔵野音楽大学就職課でキャリア指導を担当されているそうです。

この本は①導入編と②実践入門編に分かれています。
私が読んだのは①で、
教えるのは誰のために?という副題があります。

ピアノの先生になりたいという思いを抱いている学生さんや、
これからピアノ教室を始めたい人向けに書かれているのですが、
私は今後を考える上で読みたいと感じました。

音楽を専門に学んでも、経営の知識を取り入れなければ教室運営は出来ません。
今通ってくださる生徒さんに満足していただくために、
教室をどのように育てていったらよいか考え方を学べます。

 心に残ったのは、音大卒が陥りやすい罠という項目で、
チェック項目もあり、大切なことが挙げられています。
成果を挙げるために、計画を立てましょうでは、PDCA表も紹介されていて、
私は言葉を知らなかったので、
本を参考に作成してみたいと考えています。

音楽業界では当然でも社会で一般的では無いことは、
他を知っている方こそ気づく所ではないでしょうか。
違いを知り、改善に向かう一歩になる本です。