ピアノ教本の選び方
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

ブログの更新を再開します
夏休みの自由研究
合唱コンクールの伴奏
ヤマハピアノ演奏グレード10級Bコース
ご家族のサポート

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

ピアノ教本の選び方

ピアノ教本ガイドブック~生徒を生かすレッスンのために~ 山本美芽 著
6月23日(金)は、仙台のカワイで開催された、
山本美芽先生のピアノ教本セミナー「歴史と特徴」に参加しました。
ピアノ教本は世の中にたくさんあります。
どれを使うかは講師の判断に委ねられますが、
自分が好きな楽譜や使いやすい楽譜を選んでしまう可能性があります。

固定化される危険を感じ、山本美芽先生の
ピアノ教本ガイドブック~生徒を生かすレッスンのために~
(音楽之友社)を購入しました。

第1部 ピアノ教本について考えるの項は、
1冊ずつ独立して見ていた教本の関係を感じられる内容です。
ひとつの本を深めるのは大切ですが、
他を知らなければ違いがわからないですし、見落とすこともあるでしょう。
たくさんの教本が分類されていて、
先生のような見方をしていなかったので目が覚める思いでした。

セミナー当日は、歴史的背景を年表を用いてご紹介くださいました。
私が受けたのは昭和の教育で、今の子ども達は平成生まれ
とわかってはいますが、改めて再認識。

昭和は教本に合わせるレッスンでしたが、
今は選択肢が増えているので、
生徒さんに合わせた選び方が出来ます。

そして生まれた時代や環境によって、音楽の抵抗は変わるのですね。
自分が「良い」「あまり好きではない」
と分類している基準を見直す必要を感じます。

教本を作った人が
どのようなことを学び、考え、改善したいと願っているのかを
理解して使用すればより一層効果が上がるでしょう。

過去に購入して使用していない教本がたくさんありますが、
たとえレッスンで使わなくても、作った方の視点は学べるはずです。
これを機会に再び開いてみようと思います。