合唱コンクールの伴奏
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

ブログの更新を再開します
夏休みの自由研究
合唱コンクールの伴奏
ヤマハピアノ演奏グレード10級Bコース
ご家族のサポート

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

合唱コンクールの伴奏

合唱コンクールの伴奏指導が好きです。
生徒さんが「弾けるようになりたい」と強い気持ちを持って練習に励んでいます。
そんな時は、いつも以上の力を発揮します。

レッスンで取り組んでいる曲より難しいレベルだとしても挑戦しますし、
音が多く新しいテクニックが必要な曲でも諦めないんですよね。
私は合唱の伴奏でピアノの勉強をしてきた所もあるので、
その気持ちわかります。
頑張っている生徒さんには、より一層力を貸したいと思うのです。

大人数の伴奏で大切なのは、バランスではないでしょうか。
合唱の人数によって音の大きさは変わってきます。
弱過ぎる音では歌に負けてしまいますよね。
どの位の音量で弾くのか。
練習だけでなく、本番の響きを聴いて対応する能力も必要でしょう。

生徒さんが練習していた曲は、大地讃頌。
前奏では曲の雰囲気を作り、
間奏では場面の変化を誘導する役割を担っています。
どんな表現をしたいのか、どのように歌って欲しいのかは
前奏で決まると言っても過言ではありません。

男性パートから女性パートへ声部が増えていく場面では、
ピアノも同じ音量では支えきれません。
重なり合っていく歌を聴きながら、厚みを増やしていきたいです。
クライマックスの伴奏は、右手の和音が増えて左手はトレモロになりますが、
計画的に強弱を考えなければ後々苦しくなります。
生徒さんにとっての効果的なクレッシェンドを、ふたりで考えました。

お祭りの誘いを断ってピアノを練習している生徒さんの演奏を聴いて、
この夏の努力が大人になってから、素晴らしい経験になるだろうなと感じました。
合唱コンクールの伴奏に選ばれるまでには、オーディションがあり、
選ばれてもその中でひとりだけ伴奏賞が決められます。
「どうしても演奏したい」という強い気持ちの練習は、
それだけでも充分価値があるでしょう。