宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

今できる音楽
レッスンを再開します
お休みの期間
現在の状況について
TPOに合ったピアノ演奏

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

4月 2020
3月 2020
2月 2020
1月 2020
12月 2019
11月 2019
10月 2019
4月 2019
3月 2019
2月 2019
1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

今できる音楽

先月末より、1カ所の稼働先と自宅のレッスンが再開し始めています。
久しぶりに生徒さんのピアノを聴かせてもらい、
お家の方々からも温かいお声がけを頂き、本当に嬉しかったです。
「お休みが続いてしまい申し訳ありませんでした。」と言ったら、
「みさき先生が謝ることないよ。」と話してくれた生徒さんもおりました。

除菌用の鍵盤クリーナーを使用し換気に努め、
ウェットティッシュでテーブルや椅子を拭いて対応しています。
見えない敵との戦いも大変なので落ち着いて欲しいのですが、
長期戦になりそうですね。
再開と言っても手放しで喜べませんし、
誰もこの先がどうなるかわからない状態が続いています。

音楽はピアノを弾くにしても手で鍵盤に触れますし、
歌うにしても飛沫感染と言われたら厳しい分野です。
それでも、心の中で音楽を思い出すことは出来ます。

何度も聴いた好きな曲が頭を巡ったり、
ふと聴こえた音から音楽を思い出したり。
不思議と記憶がよみがえることがあります。

気分が沈んでいる時は、
ピアノの前に座って1曲弾き始めると、
いつの間にか集中して、気持ちが変わっていることに気づきます。
外出や人と会うことを控えている中で、
ひとりで没頭する時間は貴重です。

いつまたお休みになるかもわからない再開の中、
音楽が心の支えになるような
レッスンをしていきたいと感じました。

レッスンを再開します

昨日、生徒さんにレッスン再開のご連絡を致しました。
みさきピアノ教室は、3月27日(金),28日(土)よりレッスンを実施いたします。
私のお仕事は2月27日(木)~3月24日(火)まで、
約1カ月ほどお休みになっていました。
その間に冬から春へ季節が変わったような感覚です。

突然仕事がお休みになりどうしたものかと思っていたら、
息子も休校になりました。
それからは、家で学校のように時間割を作って過ごしていました。
自習できそうな時間は、私もピアノを弾いたり教室の書類を作成。
運動の時間になれば外に出て、
敷地内でバドミントンやサッカー、キャッチボールなどをしてみたり。
テストの時間は横について本を読んでいました。

再開が未定になってからは、色々な本を読み始めました。
和声の本、コードの本、ムジカノーヴァなど、
少しずつページを進めて理解が不十分な点が見つかりました。

ピアノは、発表会の講師演奏で弾く予定だった、
メンデルスゾーンの「ロンドカプリチオーソ」から始まり、
ラヴェルの「水の戯れ」を弾いたり、
ショパンの「舟歌」、
リストの「ラ・カンパネラ」をローテーションします。

その後はモーツァルト、バッハ、ベートーヴェン、シューマン…と、
本棚から楽譜を引っ張り出し次から次へと弾いてみました。
出掛けなくても楽しめるピアノが仕事になっていて幸せを感じていましたが、
足りないものがあります。
それは、音楽を共有したい欲求です。

息子のピアノをみているうちに、段々レッスンを思い出してきて、
通常通りに仕事をしたい気持ちがわいてきます。
ですから、今週のレッスン再開が待ち遠しくてしょうがないのです。

手洗いや消毒、換気、マスク着用に気をつけて、生徒さんをお迎えします。

お休みの期間

昨日、生徒さんにレッスン休講延長のお知らせをご連絡を致しました。
今のところ再開日を未定とさせて頂いております。
レッスンが実施出来ないため、
2020年4月26日(日)、栗原市一迫ふれあいホールで開催予定でした、
第8回みさきピアノ教室発表会は中止致します。

毎日悩みながら発表会へ向けて準備を進めていて、
生徒さんも練習を続けていたところでの中止は、心苦しかったです。
でも、休校で不要不急の外出を我慢している中での継続は難しいです。
いつレッスンを再開できるのか見通しが立っていませんが、
その日に向けて頑張っていくしかないですね。

現在の生徒募集については、下記の時間帯を受け付けています。
(金)13:50~14:20、15:10~15:40
(土)11:20~11:50、13:40~14:10
ご予約を頂きまして、再開時期が決まりましたらご連絡致します。
お問い合わせをお待ちしています。

お休みが続いていた3月3日は、東京へレッスンを受けに行く予定でした。
いつもレッスン前は最近学んだことを手紙にまとめ、
「次回のレッスンでは宜しくお願いします」と挨拶していました。
今回は、電話でキャンセルをお願いしました。
残念な気持ちで日々を過ごしていたところ、先生よりお手紙を頂きました。

鶴も一緒に入っていました。

内容は日頃の活動を評価してくださるもので、
今の気持ちを先生はお見通しで、背中を押される内容でした。
そして手紙だけではなく、課題も一緒に書かれていました。
仕事が休みになって落ち込んでいる場合ではない。
人の役に立てるように前を見て進んでいきます。

現在の状況について

みさきピアノ教室は、2月28日からお休みを頂いております。
学校がまだ休校にならない中決断するのは悩みましたが、
2月26日(木)より、稼働している
サンリツ楽器 古川店と昭和音楽大学附属音楽教室 仙台校が
休講することになり、合わせました。

新型コロナウィルスについてはまだ不明なことも多く、
重症化している人も居ます。
いつかウィルスを気にしなくても良い環境が戻ると信じて
我慢したいものです。

4月26日(日)開催予定の発表会については、検討中です。
その頃の状況にもよりますが、
回数調整のお休みを使ったため、
仮に3月13日(金)からレッスンを再開したとしても、
本番まで1カ月ほどしかありません。

生徒さんが楽しみにしているのもよくわかりますし、
速い段階から衣装を選んでいる人もいらっしゃるでしょう。
「弾けたらいいな」と思った曲を、本番に向けて完成させようとしているのです。
簡単には決められません。
お休み中の課題だと思って、情報を取り考えていきたいです。

TPOに合ったピアノ演奏

ピアノは、残念ながら簡単に持ち運ぶことが出来ませんから、
楽器によって弾き分けが必要です。
練習していた時の音を再現しようとしても、環境が違うため難しいです。

「家の鍵盤と重さが違う」、「ペダルの濁りがわかりにくい」
と言われることがありますが、
これは楽器が異なるために起きています。

どう弾くかも大切なのですが、どんな音が出たかも重要です。
弾いているけれど聴いている人に音が届かなければもったいないですから、
常に自分が出している音を確認し、調節が必要です。

先週、小学校のコンサートで合唱部のピアノ伴奏を担当しました。
体育館という環境、合唱部の人数、指揮者の要求、
お客さんの距離などに合わせて丁度良い音を探します。

拍手を頂けると、思いが伝わったような気がして嬉しくなります。
TPOに合ったピアノ演奏は、音楽の分野だけの話ではなく,
日常生活でも相手にどのように伝えるか気遣う点と似ていて勉強になります。

日頃の経験をもとに
生徒さんがその場に合った演奏が出来るように
アドバイスを心がけていきたいです。


音楽の曲名

発表会に向けて、プログラム制作を進めているところです。
今年も面白いタイトルの曲が並んでおります。
プログラムが1行に収まるのだろうかと感じる長さのものもあります。

菅野 由弘さん作曲の「恐竜が初めて海を見に行った日」
を弾いている生徒さんの演奏は、
恐竜という名前が入るためか重くなりがちです。

曲名にヒントがたくさんあるので、
いつどこへ向かうのかによって恐竜の足取りも変わるはずです。
楽譜を見て一緒に考えてみました。

樹原 涼子さん作曲の「やねの上のこねこ」は、
可愛らしい挿絵が載っています。
私と生徒さんの猫の知識を集め、
  怯えた様子で屋根の上に居るのか威張っているのか相談して、
猫の性格から弾き方を決めました。

私は、生徒さんと曲について話すのが好きです。
「先生にそう言われたから弾く」ではなく、
生徒さん自身が「どう考えているか」表れている演奏が魅力的です。
レッスンではふたりで方向性を確認し、
ひとつの答えを導き出して発表したいものです。

独学とレッスンを受ける違い

先月末、東京へレッスンを受けに行って来ました。

4月26日(日)栗原市一迫ふれあいホールで開催する、
第8回みさきピアノ教室発表会の講師演奏で弾く、
メンデルスゾーンの「ロンドカプリチオーソ」を再び持って行きました。

11月末に受けた前回のレッスンで、
「講師演奏で弾いたらいいよ。」と言われていましたが、
年末年始暗譜に集中して練習した為チェックして頂きました。

途中から速度が変わる場面があるのですが、
今まで聴いてきた演奏も、楽譜も速くなっているので、
私自身が「速くなる」と思い込んでいるために、音楽が走ってしまうのです。

レッスンで先生が指揮を振ってくださると、
前には進めなくなり、拍子の感じ方が違うことに気づきました。
音が上へ引き上げられるようです。

そのように横で指揮を振られると、
すぐに次の音へ準備するのではなく、手を上げて弾きたくなります。
操られているようで、改めて指揮の効果を感じました。

大晦日もお正月も弾いていた曲ですが、
客観的に聴いて教えてくださる先生がいらっしゃるからこそ、
より良い演奏を目指せます。
「この位でいいか。」と妥協せず、
更に高い目標を持てるのは幸せなことです。

ピアノは何歳から

「ピアノは何歳から始めると良いのでしょう」と尋ねられたことがあります。
私は「4歳です。」と答えています。
「自分で練習出来る歳になったら通わせよう。」
と思っていらっしゃるご家庭もあるかもしれません。
でも私は、可能であれば4歳からいらして頂きたいと考えています。
なぜなら、私が小学1年生から始めて、
「もう少し早くから通いたかった」と感じているからです。

みさきピアノ教室では、始める年齢に合わせて教材を変えています。
ある程度大きくなってから習うと、
周りの友達が既に弾いていて、追いつきたくなります。
どうしても、進むことに集中しがちです。
4歳くらいで始めると、まだ習っていない人も多いので、マイペースに進められます。
その時期に、大切なことを押さえておきたいのです。

初めは、メロデイを奏でられるように進めていきます。
歌と指の動きがイコールになるように、歌いながら弾きます。
大きくなってからだと、心の中で歌っても声に出なかったり、
余裕が無くて受け入れられないことがあります。
抵抗があるお子さんもいますが、早い段階で始めると
「やってみよう」と試してくれます。

1年半くらいをかけて右手、左手、両手の順にメロディだけを弾き、
思うようにコントロール出来てから伴奏を入れていきます。
そうすると、伴奏が加わっても自然に歌っているように弾けるのです。
幼児期から始めると、ピアノを習っている状態が普通になり、
練習を軌道に乗せてから小学校へ入学するので、お薦めです。

ピアノ教室が出来ること

先日、これからの教育についてお話を聴く機会がありました。
プログラミングの授業も始まり、教科書や入試も変わります。
ますます勉強が大変になっていく中、音楽で何が出来るのか考えました。

ピアノ教室は、楽譜を読んで、より良い演奏を目指して学ぶ場所です。
楽譜を読むということは、知識が必要です。
より良い演奏とは、人に伝わるものだと感じています。

楽譜には、様々な情報が載っています。
音符はもちろん、曲名、作曲者、挿絵、歌詞も大切です。
ポイントを読み取り、表現するところにピアノの面白さがあります。

教本を見ていると、曲の種類が
リズムを活かしたもの、歴史的背景を伝えたもの、感情の変化を表したものなど、
多岐にわたっています。

一曲を飽きずに聴いてもらうには、構成力も必要です。
始めから終わりまで同じ演奏ではつまらないですし、
変化がわかるように弾くには、理解力が問われます。

楽譜を読んで弾く活動は、資料をもとに問題を解く過程と似ていますし、
人に伝わる演奏は、作文や小論文を書く勉強に近いと思うのです。
ひたすら覚える学びから、知っていることを使いこなす時代。
わざわざ練習しなければならない習い事である
ピアノを選ぶ価値はあるはずです。


今年もよろしくお願い致します

2020年が始まりましたね。
今年も、宮城県栗原市築館 
みさきピアノ教室ブログを宜しくお願い申し上げます。
元朝参りで遠くに見えた、伊豆沼の写真を載せました。
神社がある薬師山から撮影していますが、
周辺の建物や車を編集で消した結果、全く距離がわからないのが残念です。

皆さまはどんなお正月を過ごされましたか。
私は1歩も外へ出ない日もありましたが、
休み中は主に息子の付き添いであちこち出掛けておりました。
特に普段あまりおしゃべり出来ない方々との会話が楽しく、
ピアノのお話をする機会もあり、
指導者とこれから習いたい人とのギャップを考えながら行動したいと感じました。

年末年始は、はまり始めた暗譜が面白くて、毎日ピアノに触れていました。
メンデルスゾーンの「ロンドカプリチオーソ」は、
同じ部分が度々表れるのですが、なんとなく弾いていると繰り返してしまいます。
手で覚えるのではなく、
どこからどこまで同じなのか、変化を意識して記憶出来るようになってきました。

ピアノが弾ける日常が幸せで、
その楽しみを知りたいと思っていらっしゃる方に届けられるように、
今年も健康に気を付けて頑張ります。