宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

ストレスを減らすレッスン
ブログ更新ページのご紹介
本日より対面レッスンを再開致します。
5月に出来たこと
3の数字で行動が変わる

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

7月 2020
6月 2020
5月 2020
4月 2020
3月 2020
2月 2020
1月 2020
12月 2019
11月 2019
10月 2019
4月 2019
3月 2019
2月 2019
1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

ピアノを始めてみませんか

ピアノは何歳から

「ピアノは何歳から始めると良いのでしょう」と尋ねられたことがあります。
私は「4歳です。」と答えています。
「自分で練習出来る歳になったら通わせよう。」
と思っていらっしゃるご家庭もあるかもしれません。
でも私は、可能であれば4歳からいらして頂きたいと考えています。
なぜなら、私が小学1年生から始めて、
「もう少し早くから通いたかった」と感じているからです。

みさきピアノ教室では、始める年齢に合わせて教材を変えています。
ある程度大きくなってから習うと、
周りの友達が既に弾いていて、追いつきたくなります。
どうしても、進むことに集中しがちです。
4歳くらいで始めると、まだ習っていない人も多いので、マイペースに進められます。
その時期に、大切なことを押さえておきたいのです。

初めは、メロデイを奏でられるように進めていきます。
歌と指の動きがイコールになるように、歌いながら弾きます。
大きくなってからだと、心の中で歌っても声に出なかったり、
余裕が無くて受け入れられないことがあります。
抵抗があるお子さんもいますが、早い段階で始めると
「やってみよう」と試してくれます。

1年半くらいをかけて右手、左手、両手の順にメロディだけを弾き、
思うようにコントロール出来てから伴奏を入れていきます。
そうすると、伴奏が加わっても自然に歌っているように弾けるのです。
幼児期から始めると、ピアノを習っている状態が普通になり、
練習を軌道に乗せてから小学校へ入学するので、お薦めです。

ピアノ教室が出来ること

先日、これからの教育についてお話を聴く機会がありました。
プログラミングの授業も始まり、教科書や入試も変わります。
ますます勉強が大変になっていく中、音楽で何が出来るのか考えました。

ピアノ教室は、楽譜を読んで、より良い演奏を目指して学ぶ場所です。
楽譜を読むということは、知識が必要です。
より良い演奏とは、人に伝わるものだと感じています。

楽譜には、様々な情報が載っています。
音符はもちろん、曲名、作曲者、挿絵、歌詞も大切です。
ポイントを読み取り、表現するところにピアノの面白さがあります。

教本を見ていると、曲の種類が
リズムを活かしたもの、歴史的背景を伝えたもの、感情の変化を表したものなど、
多岐にわたっています。

一曲を飽きずに聴いてもらうには、構成力も必要です。
始めから終わりまで同じ演奏ではつまらないですし、
変化がわかるように弾くには、理解力が問われます。

楽譜を読んで弾く活動は、資料をもとに問題を解く過程と似ていますし、
人に伝わる演奏は、作文や小論文を書く勉強に近いと思うのです。
ひたすら覚える学びから、知っていることを使いこなす時代。
わざわざ練習しなければならない習い事である
ピアノを選ぶ価値はあるはずです。


ピアノを弾いてみませんか

今年最後のレッスンが近づいて来ました。
先週のレッスンでは、生徒さん方に
クリスマス柄の鉛筆とサンタさんの消しゴムセットをお渡ししました。

年末年始、来年から子どもに習い事をさせようか
悩んでいらっしゃる方がいるかもしれません。
みさきピアノ教室のブログですので、個人レッスンについて三つお話します。

一つ目は、ひとりひとり異なるレッスンが可能です。
生徒さんの知りたい内容に指導者がお役に立てれば、
その人に合ったレッスンが受けられます。

メリットだけではつまらないので、デメリットもお伝えします。気を付けたいのは、
知りたい内容だけ扱うと大事なポイントを見逃すこともあるので、
先生のさじ加減は重要です。

二つ目は、進度を合わせられます。
理解が不十分な状態で進んでも、消化不良になりますよね。
まだのみ込めていないと判断したら、
先に進まず来週まで様子を見ることがあります。

反対に、やる気があってどんどん進めそうなら、課題は多くなるでしょう。
欠点は、進度を合わせた結果、ゆっくり上達する人も出て来ます。
生徒さんやお家の方と相談しながら調整が必要です。

三つ目は、対話によってレッスンが行われます。
一対一なので、生徒さんだけもしくはお家の方に向けてお話します。
同じピアノのレッスンでも、
環境も性格も違う生徒さんに対して伝える内容は、十人十色です。
欠点を言うとすれば、相性はあるかもしれません。

今のところ思いつく内容についてまとめてみました。
もし、個人レッスンとグループレッスンは何が違うのか
悩んでいる方がいらっしゃいましたら、参考になれば嬉しいです。

弾きたい曲について話してみよう

ハロウィンのお菓子今年もハロウィンで好きな扉を開けて選んでもらいました♪

お子さんが既にピアノを習っている方、
これから始めたいと思っている方にお伺いしたいのですが、
ご家庭で弾いてみたい曲についてお話されますか。

「まだ習っていないのに弾きたい曲だなんて」
と感じられるかもしれませんが、
体験レッスンにいらっしゃる方の動機は、
「あの曲を弾いてみたい」
というご意見が多いものです。

先週のレッスンで発表会のアンケートをお渡しした際に、
お家の方がお子さんへ
「弾きたい曲ある?」と尋ねたところ、
生徒さんは即答しました。
その反応にお母様は驚かれたのです。

私はその会話を見ていて、
もうそれだけで発表会を開く意味があると思いました。
普段は、
「次の週もレッスンがあるなら、宿題は多くなくて良いです。」
という生徒さんです。

教本を弾いていれば良い
という受け身の状態に見せかけて、
実は心の中で自主的に考えているのですね。

お子さんは、したいことがあっても行動に移せない場合があります。
楽譜が欲しいと感じても、
どこで売っているかわからなければ手に入りませんし、
「普段の楽譜以外で買ってくれるかな。」
と言っていた生徒さんもおります。

もちろん弾きたい曲に取り組んでも、色々あると思います。
練習を始めてみたら、予想以上に難しいこともあるでしょう。
でも、弾きたい曲がある
それだけで、目標は定まります。
そこからのお手伝いが私の仕事です。


教本の良い所

大人のためのPiano Study2「キエン・セラ」という曲をご存知ですか。

私は、大人のためのPiano Study(ヤマハ音楽振興会)で知りました。
1953年、パブロ・ベルトラン・ルイスの作詞・作曲で書かれた曲で、
キエン・セラとは、誰だろう?という意味だそうです。

この教本を使わなければ、
レッスンでこの曲を取り上げようとは思わなかったでしょう。
恋の情熱を表現して、リズムも多様で雰囲気の変化もあります。

大人のためのPiano Studyはちょっと変わっていて、
選曲の幅が広く他の曲集には無い曲が扱われています。
クラッシックとポピュラーの曲を交互に学んでいくのですが、
大人の方が知っていて、
「弾けたらいいな」と思う曲が取り上げられています。

冒頭の曲は、60代の生徒さんが今年の発表会で演奏してくださいます。
毎週のように、「この曲好きなんです。」と笑顔でお話しされるので、
私も嬉しくなり、もっとかっこよくなるようにサポートさせていただいております。

習い始めの頃は、楽譜が読めず、鍵盤の位置も曖昧だった生徒さん。
姿勢を保つだけで疲れてしまうこともありました。
右手のメロディを繋げて、左手を離すのがよくわからず、
悩んだ時期も経験しています。
それでもお仕事の合間を縫い、様々な環境の変化を乗り越え現在があります。

今は、細かい内容を伝えても音の違いを聴きとってくださり、
一所懸命繰り返し試していらっしゃいます。
「音が変わりますね。」「今日来て良かった。」と言われるのが何よりの喜びです。

教本は好きな曲だけ載っているわけではありません。
時には難しい課題もあります。
でも、苦手に気づくことが出来るのは幸運です。

今困難だとしても、いつか弾けるようになる日がやってきます。
同じようなテクニックが自分の大好きな曲で出てきたら、
きっと諦めずに弾きこなせるでしょう。

自分を振り返り、今の実力と向き合って、頑張った人だけが掴めるのが技術です。

レベルは何によって決められるのか

レベルという言葉があります。
辞書で調べると、水準や標準とあります。
水準は、標準となる高さで、標準は判断のよりどころや比較の基準だそうです。

私もレベルという言葉はよく使います。
でもレベルに対する考え方は人それぞれです。
では何をもってレベルを判断したら良いのでしょうか。

ピアノ教室の場合は、レベルがお月謝の決定に関わります。
教室によっては、
楽譜や受験したグレードによってお月謝が分けられます。
みさきピアノ教室では、
楽譜を見てどれだけの情報を読み取れるかでお月謝を決定しております。


例えば体験レッスンでは、
既にピアノを弾いていらっしゃる方には、
私が準備した楽譜をどの位読めるか聴かせていただきます。
楽譜を読めなくても弾ける…のも良いのですが、
読めれば出来ることや、わかること、したいことが増えます。

聴いたことがある曲の楽譜を初めて見た時の感動は、忘れられません。
特に、オーケストラの楽譜を見ていると面白いです。
その楽しさを知っていただければ嬉しいなと思っています。

私は、応用力を持った生徒さんを育てたいと考えています。
今弾いている曲を弾けるだけでなく、
他の曲を見ても判断出来るようになって欲しいと願っています。

そのために、受け身ではなく、
質問に答えてもらうレッスンをしています。
弾いて説明するのではなく、なるべく言葉で伝えて欲しいと話しています。

今週も体験レッスンがあります。
出会いを大切に、そして現在いらしてくださっている生徒さんの
初回のレッスンを忘れずに、向き合いたいです。

ピアノの魅力

先週、ピアノ業界で話題になったニュースがあります。
TVで脳科学者11人に
12歳までに通わせるべき習い事を聞いたところ、
ピアノが第1位になったそうです。

ピアノが「12歳までに習わせるべき習い事」第1位に!

ピアノを習うことによって
同時処理能力がUPすると紹介されています。

目で楽譜を見て
頭でどんな音を出したいか考えて
身体を動かす…
という一連の動作を一瞬にして行うので
確かに同時処理能力はUPするでしょう。
でも他にも良い点があります。


音楽は何かを表現しています。
そのヒントが曲名や楽譜に隠されています。
その内容を読み取れるかどうか…
国語に似ていませんか。

楽譜を読むには
音の長さを把握したり、分割して考えたり
速さをコントロールしたり
算数の要素も含まれます。

ピアノ曲には自然に関するものが数多くあります。
季節、植物、生き物などの名前が付いた曲を取り上げる際は、
実際に生徒さんに調べてもらったり、
これまでの経験をもとに話し合います。
理科の考え方も必要です。

音楽は現代の曲だけではありません。
昔の曲名は初めて見聞きする言葉もあります。
日本の曲ではない場合もあります。
歴史や地理も関係していますね。

ピアノはタッチによって音を変えます。
身体の使い方でどのような音が出るか
試行錯誤する過程は運動神経も必要で
体育のようにも感じられます。

楽譜の挿絵は意味があって描かれています。
なぜ描かれているのか考える力は
図工や美術の鑑賞でも体験しますね。

最後に大切なのが、心の動きを表現した音楽。
簡単には出来ないことを
何度も挑戦しやっと達成できた時の喜びや
自分の思いが伝わらず解決しない辛さ
などを感じるのは道徳でしょうか。

音楽は様々な分野と密接に関係していて、
総合的な力が求めらるものだと思います。
だからこそ面白く魅力があります。
今回は科学の分野で選ばれたましたが
12歳まで体験して欲しい内容は盛りだくさんです。

個人レッスンとグループレッスン

宮城県は雪が残っていますが、
今日は暖かい日差しに包まれています。


先日、稼働している楽器店の発表会で
司会をお手伝いしました。
グループレッスンの発表会を拝見して
とても勉強になりました。


今回は個人レッスンとグループレッスンについて、
実体験を交えて考えてみます。

♪♪♪


私は小学校に入学してから
ピアノを習わせてもらえることになりました。


父が様々な教室を見て回り、まず決断したことは
「この子にグループレッスンは無理。」
ということだったようです。
私は学校で算数を教わっても、
1+1=2
という式に納得がいかず、
「どうして1+1は2なのかな?」
と疑問を持ってしまう子どもでした。


教わった度に色々と考えていたら
グループに付いて行けないと判断されたのでしょう。
私は知り合いのピアノの先生に、
個人レッスンを受けることになりました。


その先生が楽譜の読み方を教えてくださいました。
ある時楽譜の読み方が理解出来て、
当時弾いていた楽譜を終わりまで読みました。
先生は全て○にしてくださいました。
今思えばたくさん気になるところがあったはずです。
その点は目をつぶり、楽譜を読んできたことをほめてくださいました。


その頃から、ピアノって面白い
ピアノの先生になりたい
と思うようになりました。


ピアノ
個人レッスンは、
生徒さんのペースに合わせられます。

私のように疑問をもってしまう生徒さんには、
ひとつひとつ丁寧に説明することが出来ます。

弾けていればどんどん進めることも可能です。
反対に、難しいテクニックがあれば、
克服するまで見守ることも可能です。


テキストも様々で、幅広い要望にも応えられます。
この曲が弾きたい
伴奏を付けられるようになりたい…
ご希望に合わせてレッスン内容を考えられます。


グループレッスンにはグループの良さがあります。
あくまでも私の考えですが、
アンサンブルが出来、
ひとりでは味わえない体験が出来ます。
皆の演奏を聴く機会があります。
先生の質問にも様々な意見が飛び交うでしょう。
その意見を聞いて色々な気持ちを感じられます。
大勢で一緒に足並みを揃えて目標に向かえます。


個人レッスンもグループレッスンも
どちらも良い所があります。
優先して頂きたいのは、
生徒さんのご希望です。

どのような環境が生徒さんを伸ばすのか。
無理なく楽しく通えることが1番だと思います。


春、新しいことを始めるにはぴったりの季節ですね。
ぜひ生徒さんに合ったぴったりの環境が見つかりますように。





ギャップ

私は先週、扁桃炎になり目もひどく充血して大変な思いをしました。
ご心配くださったみなさん、ありがとうございます。
だいぶ良くなった…と感じて再度病院へ行き、
「おかげさまでよくなりました。」と言うと、
「まだですね。また来週いらしてください。」と言われます。
私の考えとお医者様の間でギャップがあるんです。
ピアノのレッスンでは、開講当初私が考えていたことと、
いい意味でのギャップを感じています。
私は、♪ピアノは幼児から小学校入学あたりで習い始めるもの
♪大人はあまりピアノを習わないのではないか
♪ピアノは近くで習うものと考えていました。
 この考えに反した生徒さんが習いにいらっしゃいます。
 私が今教えていて1番多いのが、小学校中学年。(3,4年生)
 みさきピアノ教室だけでなく、
所属している楽器店を含めて、
小学校中学年以上からピアノを始める生徒さんが結構いらっしゃいます。
 よく、「今から始めても…?」とおっしゃる保護者の方もいらっしゃいますが、
その心配はありません。
子どもたちは1曲1曲を丁寧に考えて仕上げてくれます。
 小さい頃から習っていた子どもたちとの差が生じるため、
少しずつ埋める作業は必要です。
思ったように手が動かないというもどかしさがありますので、
身体や手の使い方は慎重にレッスンします。
 でも、音楽の知識や表現について始めから詳しく伝えられますので、
曲の内容について深く考えられます。
 大人はあまりピアノを習わない?ですが、
私の予想以上に
昔習いたかった、楽譜は全然読めないんだけれど、脳にいいと聞いて…
 といった理由で始めてくださる方が多いです。
始めはみなさん弾けるようになるか心配なさっていらっしゃいますが、
弾けなかった方は今までおりません。
 大人の方は本当に真剣に音楽と向き合い、
宿題をこなしていらっしゃいます。
3か月前鍵盤の位置がわからなかった方が、
今では1曲仕上げてとても楽しく通ってくださっています。
当初の目標は、
「なんでもいいから1曲弾けるようになりたい。」
でしたが、現在は具体的な曲名を目標にされるようになりました。
 
にほんブログ村のランキングに参加しています。
たくさんの先生方の素敵なブログでいっぱいです♪

大人のためのテキスト

8月19日(日)、ヤマハ仙台センターで大人のピアノスタディ指導法伝達講座を受講しました。こちらの講座、10時から17時まで1日かけて1巻から12巻まで全巻を勉強します。
会場に到着すると、ひとりひとりの席に段ボールがひと箱置いてあります。4月に(子どもの)ピアノスタディ講座も受講したのですが、今回も再び段ボールを目にして思わず笑ってしまいました。テキストの量に圧倒されるのと、これから何が始まるのだろう!?という期待からです。
たくさんの教本がありますが、1巻から最終巻まで目を通すことが大切だと、前回の講座で改めて感じました。今練習している曲が、何を目指しているのかを知っているということは、目的地がわかって出かけることと似ていると思うんです。
 
1日を通して感じたことは、
1、大人と子どもの学び方が違う
(大人にとって無理のない指から始まる、初期からペダルが導入)
2、クラッシックとポピュラーが両方入っている
(どちらかでも使用可能。幅広い選曲。ミュージカルの曲も)
3、楽典やコラムが充実していておもしろい
(音楽評論家の描き下ろしらしいです)
4、数小節の部分練習が多く取り上げられ、その後に曲が出てくる
(克服してから曲に進むので挫折しにくいのでは)
5、連弾や伴奏パートが多い
(使用されている和音がきれい)
6、テクニックがわかりやすく取り上げられている
(いきなり音階練習に入らず、段階を踏んでいる…など)
7、音源データが豊富
(アンサンブルをしているような感覚で練習できる)
 
現時点ではこの7つを強く感じました。
実は講座が待ちきれず、既にこちらのテキストを使用して2名の方にレッスンしています。 楽しく達成感を感じて頂けているようです。