宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

ソロと伴奏の切り替え
行事をきっかけに変わる
教室の名前を決めた理由
ピアノの管理
「わからない」が「わかる」

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

大好きな時間

秋休みに気づいたこと

宮城県栗原市の小中学校では、秋休みが終わり、本格的に2学期が始まります。
秋休み中は、息子を連れて旅行へ行って来ました。
台風に負けず名古屋のレゴランドを観て、
次の日は三重の貨物鉄道博物館を訪ね、
最終日はリニア・鉄道館を楽しみ、帰って来ました。

今回印象的だったのは、色々な方とお話出来たことです。
私が知らないことを目を輝かせて丁寧に説明してくださり、
そんな世界もあるんだ、この人は本当に好きなんだなと感じました。

特に三重の三岐鉄道では、電車で男の子が踏切について話してくれて、
「どうしてそんなに詳しいの。」
と聴いたら、本当に嬉しそうな表情でした。
「また三岐鉄道に乗ってください。」
とホームから手を振ってくれたことが忘れられません。

理由がわからないくらい好きでしょうがないという気持ちは素敵ですね。
今関わっている生徒さん方が
そこまで音楽を好きになってくれたら幸せです。

そんな3連休を過ごし、秋休み最終日、息子のプールに付き添いました。
行き帰りの車内では、CDをかけました。
プールの後に車に戻り再び音楽が流れると、
「ホッとするなぁ。」と言います。
その後、急遽歯医者さんへ行くことになり、治療が終わって車に乗ると、
「あの音楽は聴かないの。」と尋ねられました。

詳しく聴くと、音が柔らかいから好きなのだそうです。
これまでも、様々なCDやラジオを聴かせました。
このような反応は初めてで驚いています。

ご興味がありましたら、ぜひ聴いてみてください。
実用的な演奏で、生徒さんにお薦めしたいCDです。
~ピアノの先生から生徒の皆さんへ贈る~『ブルクミュラー25の練習曲』です。

~ピアノの先生から生徒の皆さんへ贈る~『ブルクミュラー25の練習曲』

来年の発表会の講師演奏

新年度も始まり、いよいよ発表会まであと2週間ほどになりました。
あいにくの雨ですが、
栗原市は今日が始業式の所も多いです。

春休みは楽器店の発表会で司会のお手伝いをさせて頂き、
もう一ヶ所の音楽教室はお休みだったので、
発表会関連の書類を作成しておりました。

伴奏付けの勉強も継続していて、
添削課題を見て頂く為に先生に課題をお送りしたのですが、
お返事に新しい課題をくださいました。

なんと「『英雄ポロネーズ』をやってみませんか。」とあります。
大学1年生の時に草野政眞先生に教わっていたのですが、
その先生の十八番の曲でした。

リサイタルで聴き、CDで聴いて憧れた曲。
コソコソ楽譜を見て練習したこともあります。
今教わっている秋末直志先生の
学生時代の思い出の曲であることも知っています。
その曲に挑戦するなんて。

あまりにワクワクして嬉しくて、
その日に弾いてみたのですが、楽しくてしょうがなかったです。
こんな気持ちは久し振りですね。

課題を出されるのは幸せなことです。
「あなたならこの曲を弾けますよ」と言われているような
未来を見せて頂いているような気持ちになります。
来年の発表会の講師演奏はこの曲で決まりです。
新年度、新しい曲に挑戦してみませんか。


息子のレッスンでの学び

栗原市は秋休みが終わり、昨日から2学期が始まりました。
秋休みは毎年、私の先生に息子がピアノを見て頂いております。
その後のお楽しみで、
今年は大井川鐵道できかんしゃトーマス号に乗り、
次の日はお台場のレゴランドへ遊びに行きました。

息子のレッスンでは、姿勢について、手の形、
テクニック、楽譜の分析など、
たくさんのことを教えて頂きました。

メトードローズピアノ教則本(音楽之友社)の「4度の練習」を
ただ弾く演奏から音楽へ変える指導、
アキピアノ教本②(音楽之友社)の「両手の音階」では、
右手メロディ左手伴奏のコツ、長短調の弾き分け、
音階導入について伺いました。

特に心に残ったのは、
トンプソン現代ピアノ教本1(全音楽譜出版社)の「キャンデー」です。
この曲の歌詞は、「おじさんがお金をくれたらキャンデー買いに」
という歌詞と共に、女の子がキャンディー屋さんで
跳び上がって喜んでいる挿絵があります。

歌詞の「買いに」に続く言葉は何なのか。
おじさんは女の子にとってどんな存在なのか。
歌詞と挿絵は一致しているのかについてお話くださいました。
挿絵は未来の想像が描かれていて、
女の子の期待をどう込められるかが大切な曲です。
先生がかけてくださる言葉や接し方が大変参考になりました。

日頃は私がピアノの練習を見ていますが、
自分の子どもだと性格が読める分、
説明し過ぎてしまうのではと感じました。

先生が、「2種類弾くからよく見ていなさい」とおっしゃって、
「違いを言ってごらん。」と尋ねられたのですが、
慣れていないのか言葉に出来ないのか、表現に困っているようでした。
今後は、そのような問いかけを増やして、
集中して見ること、聴くことを大切に伝えていきたいと思います。

先生は、子どもの性格や成長、身体の使い方などを
総合的に見てくださいます。
レッスンを拝見していて勉強になるのと同時に、
これまでを見直し、これからどのように接していけばよいか
気づくきっかけを頂きました。

マイタウンコンサート

2016年8月28日(日)、栗原文化会館で行われた
仙台フィルハーモニー管弦楽団 特別演奏会
マイタウンコンサートへ行って来ました。

プログラムは、よく耳にする曲も多く取り上げられ工夫されています。
地元の中高生と一緒に演奏された
スェアリンジェンの吹奏楽曲のための狂詩曲「ノヴェナ」
はとてもかっこよくて、
卒業した学校の生徒が頑張っている姿を観られるのは嬉しかったです。

グリーグの劇付随音楽「ペール・ギュント」は、
ナビゲーターの藤沢智子さんの語りと共に進められ、
場面を想像しながら聴くことが出来ました。

一番感動したのは、エンニオ・モリコーネの曲を
真島俊夫さんが編曲されたモリコーネ・パラダイスです。
昔観た映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の映像を思い出したのは、
サクソフォーンの田中靖人さんの演奏が素晴らしかったからです。
CDを探してみようと思います。

ほんの少しだけ指揮を勉強したので、
これまでのオーケストラの聴き方とは変わって来たのが面白かったです。
石川星太郎さんの指揮に注目しました。

今回は、ピアノを教える仕事をしていると、よく接する曲も演奏されていました。
ミヨーのスカラムーシュは講師演奏で弾かれますし、
アニトラの踊りはNEWなかよしピアノ2(ヤマハ音楽振興会)のワークブック
リズムうちをしましょうのページで扱われます。
オーケストラの音を目指して練習したいと強く感じました。


卒園・卒業の曲を弾く難しさ

先日、息子が幼稚園を卒園しました。
たくさんの方々が温かく成長を見守ってくださり、
おかげ様で4月には1年生になります。

卒園式を迎えるまでは、幼稚園で何度も練習したそうです。
「さよならぼくたちのようちえん」を歌っていると聞いたので、
ピアノソロの楽譜を購入し、弾いてみました。

ピアノソロの楽譜はメロディを右手で弾くので、
歌を覚え始めの段階や聴いてもらう場合に適しています。
歌詞が載っていたので歌いながら弾いてみたのですが、
あまりに現実的な歌詞で幼稚園の出来事を思い出し、
途中から歌えなくなってしまいました。

横で聴いていた息子は変な顔をしていたので、
母の反応に驚いているのかなと思いきや、
寂しさが込み上げていたようです。

その後、「たいせつな ともだち」「キラリ キラリ」の伴奏譜も弾いてみました。
伴奏譜は、右手でメロディを弾きません。
和音や飾りの音が入り、歌を邪魔せずに演奏できます。

弾き歌いをしないとメロディが無くなってしまうので
一所懸命歌おうとするのですが、
やっぱり幼稚園であった色々な事を思い出してしまいます。

その後、実際の音楽を聴いて、最後まで歌えるようになりました。
卒園、卒業等で演奏する場合は、緊張はもちろんですが、
涙との戦いだと思います。

小学校の卒業式でピアノを弾く前に、
音楽の先生から「絶対に泣いちゃいけないよ。鍵盤が見えなくなるからね。」
とアドバイスをいただいたことを思い出します。

原画と原典版

私は絵が好きです。
美術展へ出かけますし、
ピアノ教本の挿絵も非常に気になります。

先日、ムーミン展を観に盛岡へ行って来ました。
今年はトーベ・ヤンソン生誕100周年記念で、
日本初公開の原画約150点が観られました。


鉛筆で書き込まれた絵もあり、
実際にトーベ・ヤンソンが描いた様子が伝わって来て、
感動しました。

ほとんどがペン書きで、
色が塗られていた作品はごくわずか。
習作(練習の為に作られた作品)もたくさんありました。

出口のグッズ売り場には、
色鮮やかなジオラマが展示されていました。
作者は試行錯誤して作られたそうです。

ムーミンのアニメも流れていました。
小さい頃観ていましたし、最近も放送されていました。

原画が元になって、
様々な物が作られているんですね。

私は、原画=原典版のように感じました。

原典版とは、作曲家が記した楽譜を
出来るだけ忠実に再現した楽譜のことです。
原典版を元に様々な編集が行われ、
色々な楽譜も出版されています。

その楽譜が私達の所に届き、
楽譜を読み、演奏することが出来ます。
また、その演奏を演奏会やTV等、録音でも楽しめます。

作り手と私たちの間には何人もの方々が関わっており、
悩んだり、工夫を重ねて形になっているはずです。
そのことを忘れずに物事と向き合い
レッスンしたいです。

思い出の曲をレパートリーへ

風立ちぬ先日、遅ればせながら≪風立ちぬ≫を観ました。
 
ジブリの音楽は大人気ですよね。
『となりのトトロ』は公開されてから25年ほど経ちますが、
『さんぽ』は現在も幼稚園などで歌われています。
 
ムジカノーヴァ2013年11月号では、
≪風立ちぬ≫の主題歌『ひこうき雲』(荒井由美)
の楽譜が掲載されています。
 
映画を観るまで弾かず、映画を観たその日に弾きました。
幸せなひとときです。
 
映画やテレビ等で使われた印象的な音楽は、
出来るだけ調べることにしています。
生徒さんが、
「この曲を弾いてみたいです。」
とおっしゃった曲も同様です。
 
知っている曲も、知らない曲も、
聴いたり調べたりしているうちに、
いつの間にか好きになっていることが多々あります。
 
私にとって、とても良い勉強になりますし、
新しい音楽に興味を持つきっかけにもなります。
 
生徒さんと思い出の曲についてたくさんお話して、
大好きな憧れの曲がいつしか
大切なレパートリーの1曲に加わることを願っております。
 
♪♪♪
 
映画については、
これからご覧になる方もいらっしゃると思いますので、
内容について詳しくは載せません。

とても心に残り、考えさせられる作品でした。
 
『ひこうき雲』は≪風立ちぬ≫の最後で流れます。
1973年にリリースされた曲が、
2013年公開の映画で主題歌になり、
あまりにも曲と映画がぴったりで驚きました。
荒井由美さんが高校生の時に作られたそうです。
 
『ひこうき雲』は知らない曲だったのですが、
≪風立ちぬ≫を観たことにより
思い出の曲になりました。
 
これからも思い出の曲をたくさん増やしていきたいです。
 
大好きな曲を弾いてみましょう♪
 

ピアノの先生とお話すること

宮城県栗原市もやっと暑くなってきました。
お盆休みも始まりますし、
きっと皆さん、素敵な夏の思い出を作っていらっしゃるでしょうね。
 
私は先日、
facebookでお友達の内山弘美先生とランチをご一緒しました。
 
 
 
スペイン料理のお店で、とても美味しいパエリアを頂きました。
ひとり分づつパエリアを出してくださるんですよ♪
 
様々なお話をしたのですが、
お店を出た時に4時間半ほど過ぎていたことに気づき、
浦島太郎!?の気分を味わいました。
 
弘美先生は、東松島市でピアノ教室を主宰されています。
震災を乗り越えてピアノ指導を続け、
とても頑張っていらっしゃる先生です。
 
これまでどんなにご苦労されたことでしょう。
震災当時のお話も伺いましたが、本当に考えさせられる内容で、
改めて弘美先生を尊敬致しました。
 
私と弘美先生の共通点は、
仕事が好き!
です。
 
仕事をしている時間が楽しくて、笑顔になれます。
仕事をしていない時間も、他のことをしているように感じられますが、
結局は、全てが仕事に繋がっている
ということで話が落ち着きました。
 
弘美先生と長時間お話出来たのも、
先生のお話が上手だからです。
常に相手の方を思いやり、
どのような言葉掛けをしたら良いか考えていらっしゃるからこそ、
生徒さんがピアノを続け、
数々のコンクールで入賞しているのです。
 
私は、みさきピアノ教室を始めてまだ1年半も経っておりません。
そんな私にとって、
宮城県でピアノ教室を続けてこられた弘美先生は、
とても頼りになる存在です。
 
困った時、悩んでいる時、
お話すると
違った角度から考えることが出来る。
そして、また前向きになれる。
パワーを頂いた時間でした。
 
夏休み、ピアノを始めてみませんか?