小説=ピアノ?
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

夏のハガキに宣言
合唱曲のレッスン
距離が近いと内容が変わる
「分ける」こと「わかる」こと
お迎えの質問が上達を変える

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

小説=ピアノ?

8月1日(水)の河北新報に芥川賞を受賞した鹿島田真希さんの記事がありました。
鹿島田さんは高校時代、大学の音楽学を受験するために和声、ソルフェージュ、ピアノの勉強をしていたそうです。
その記事では、和声というのは…とひとつづつの内容をわかりやすく説明されていました。
私が特に気になったのは、
 
[音楽の形式と、作曲者が伝えようとしている意図、内容は一致している、と書いてある本を読んで、大変勉強になった。小説にも、その構造をなす形式的な部分と、小説家が伝えたい意図のようなものがあって、それも同じように一致するのだろう、と思っている。]
 
の部分です。学んだことを別の分野に活かしていらっしゃるんですね。
これはピアノを弾く時にとても大切なことだと思うんです。(私ももちろん勉強中ですが)今、自分が向き合っている曲を読み取る力が必要です。
作曲者は何か伝えたいことがあって作曲しているはずです。自分が好きになった曲であれば、どこが惹かれたのか考えて、その魅力を引き出せるような表現をしたいですよね。
その手立てになるのが、理論なんだと思います。理論と聞くと難しく聞こえるけれど、それをわかりやすく伝えるのがピアノ講師の役目です。始めたばかりの方にも
楽しく理解して頂けるように、頑張りますね。