妖精のハープの魅力
宮城県栗原市築館  みさきピアノ教室 - 弾けたらいいな…を弾けた!にしましょう♪
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

夏のハガキに宣言
合唱曲のレッスン
距離が近いと内容が変わる
「分ける」こと「わかる」こと
お迎えの質問が上達を変える

カテゴリー

お薦めの本
ごあいさつ
ご紹介頂きました
ピアノを始めてみませんか
ピアノ講師ラボ
みさきピアノ教室にある物
みさきピアノ教室発表会
共通点
勉強
参加しました
大切
大切なこと
大好きな時間
教室の出来事
楽しいですよ
気づいたこと
素敵な場所

アーカイブ

8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012

検索エンジンの供給元:

宮城県栗原市築館 みさきピアノ教室 ブログ

妖精のハープの魅力

トンプソン現代ピアノ教本1(全音楽譜出版社)に、
『妖精のハープ』という曲があります。
初めての演奏会用の曲と太字で印刷され、
これまでのまとめとして扱われています。

挿絵には、木立に風がふき、
木の上に妖精がハープを持っている様子が描かれています。
タイトルと、挿絵と、音楽がとても魅力的な曲です。

楽譜の和音の前には波形の線も書かれていて、
初めて見た生徒さんは「なにこれ⁉」と必ず驚きます。
「この記号はアルペジオと言って、下から順番に弾くんだよ。」と話すと、
何度も弾いてくれます。
ある生徒さんは、「この音がいいんだよね。」
と特定の和音を繰り返し弾いて楽しんでいました。

ペダルを踏むとより一層綺麗なので、
最後の和音だけペダルを進めています。
もうひとりの生徒さんは
「(全ての和音でペダルを)踏みたい。」と言って何回も練習し、
ついには濁らずにタイミングをつかんで踏めるようになりました。

『妖精のハープ』は、響きとイメージで生徒さんの心をつかみ、
より一層耳を使ってよく聴いたり、
「もっと上手に弾きたい。」とやる気を育ててくれる素敵な曲です。

ピアノの響きを気に入って何度も試したり、
話したこと以上に努力して取り組む姿が見られたのは、
何よりも嬉しい出来事でした。